ミニマグライト AAをLED化

ミニマグライトAAのサイズ目安です。手のひらからチョット出るくらいで持ちやすい。単3電池2本が入ります。 単4じゃないので電気容量は大き目。

いつ頃買ったんだろー。もう、20年以上前かな。公式サイトでは白熱球とあります。マニアな方の情報では、さらにクリプトン球とキセノン球に分かれるそうですが、このエントリでは「白熱球」と表記します。

おそらく僕のはクリプトン球かな。後述しますが、純正のままだと正直言って暗いです。メッチャ暗い。

LEDへの交換前後の比較

LEDキットへの交換手順より先に、交換前後の比較を。

ちなみに比較の写真は、なるべく同一条件で撮ってます。三脚を使用し、同じ感度/シャッタースピード/絞り/画角にしてあります。マグライト設置位置と照射部位もなるたけ同一です。パーツの違いで光源の位置が数mm違うとかはあるだろうけど。

通常照射

通常の照射は、ヘッド部分を捻ると照射角が変わるので、ユルユルから真ん中の黒い点が無くなるまで絞ったところで撮影しました。

白熱球。これ、結構狭いんですよ。2mほど先の直径が60cmくらいといったところ。

暗闇で歩くとき、直径60cmに突然現れた障害物を避けるには、相当ゆっくり歩かなければなりません。

しかも照射角を広げたり、照らすのが遠くになるほど光が「薄まる」ので、正直このままでは使えないなあと思ってました。

換装LED。床に畳んだままの布団まで写っちゃってます。それくらい広い範囲を照らせてます。

再度書きますが、カメラ/マグライトの位置は同じ条件で撮影してます。

キャンドルモード

写真のように、本来ヘッドにある部分を底部に挿してロウソクのように使えます。

が、不安定なので僕は使ったことがほとんどありません。余震があるような状況なら、毎回倒れるかも(大きいマグライトならもっと安定するのかな?)

まず白熱球。僕の机の上に置いてます。2mくらい離れた位置から。白熱球が写真の中央で光るように撮影してます。

(白熱球の下方で青く光ってるのは電源を入れたままのScanSnap)

換装LED。明るい。光の広がりは、だいたい机より上の、部屋全体。机の上が散らかってるのが丸わかりです。

光源の真上のデスクライト本体とアームの影が、壁面と天井にクッキリ写っています。この影、白熱球の写真では確認できません。

あとデスクライトが光ってるように見えますが、あくまで換装LEDの光を受けているものです。デスクライト自体は光ってません。

換装LEDの方が明るく近くで字も読めるんですが、避難時とか明るすぎて周りに迷惑になりそう。

僕の好みだけで言えば白熱球の雰囲気が素晴らしいです。ただ、字も読みづらい(読むに堪えない)明るさです。キャンプではランタンを使いますから、わざわざミニマグライトをキャンドルモードで使用することはないですね。倒れそうで使い勝手が悪かった。

底部

換装前。ストラップ用の穴がありました。テントや車内で吊るすことができますね。

テールスイッチに換装後。スイッチ自体の使い勝手は良いですが、ストラップが使えません。

底部は、好みが分かれそうです。僕は使い勝手が良いのでテールスイッチが好きです。ただ、非常時につまづいたりしたときに手から離れないよう、ストラップがあるのが良いのかな。

テールスイッチへの換装はしないこともできます。そうすると従来どおりヘッド部を回してON/OFFですが、パーツ変更のせいでヘッド部の本体への刺さりが浅く、結構すぐに取れてしまいます。でも使用できないわけではありませんし、すぐ慣れると思います。

カタログ値比較

白熱球→換装LED

14→30ルーメン

連続使用時間 : 5時間15分→25時間

照射距離 : 96→40m(←ちょっとおかしいです。照射距離の測定方法が異なるのかと)

LED球へ交換

交換の手順です。一箇所、ロクに説明書を読まずに作業したため、ひどい目に逢いました(後述)。そのポイントを含め書いておきます。

LEDへの交換にあたり、購入したのは上記です。

交換の手順

ヘッド部分

まず、リフレクターの交換です。ヘッド部分は全部ネジになっているので左に回せば外せます。

防水のためのシーリングゴムがしっかり入ってるので、力が結構要ります。

手前が純正。これを右側のリフレクターに差し替えます。

細かいことを言うと、換装のリフレクターは円錐形に近く、純正は楕円の回転体に近いです。

上記のパーツを外すと、本体側には白熱球が姿を表します。

この時、球が刺さっている、すぐ下にある円盤のパーツを取っちゃダメです。これを取ったことで僕は酷い目に逢いました(後述)。

白熱球を抜いて

換装LEDを挿す。(再度言いますが、下の円盤は取っちゃダメです!)

換装LEDを挿し終わったところです。純正の円盤に加えLEDの円盤の厚みの分、テールスイッチのところで述べた、ヘッド部の本体部への刺さりが浅くなります(純正品のつもりでヘッドを回すと外れる)。

もし、スイッチONでもこの状態でLEDが点灯しないならば、LEDの極性が逆です。パーツを半回転して挿し直しましょう。

LEDが点いたら、ヘッド部を付けて完成です。

僕の失敗

さっきから外すなと書いている「円盤」を外してLEDを挿したんですね。すると、ヘッド部(リフレクターが入ってるやつ)を回す時に、LEDも回っちゃうんです。すると、LEDの脚が交差し、ショートしてしまいました。

ショート後の電池はちょっと熱いし、LED近くにある本体内のスイッチは焼損してました。このパーツは当時Amazonにもなく、楽天市場で見つけましたが、ボッタクリ価格でしたねえ。1,000円しました(マグライト公式は680円+税。送料不明。そもそもが高い)。

結局、

換装LED一式2,186円 + 本体内スイッチ1,540円(送料込み) = 3,726円

が掛かってしまったので、はじめからLEDのミニマグライト 2nd LED 2AA(執筆時2,760円)

を購入したほうが断然安かった。

まあそれでも、今まで使っていた愛着あるものを捨てるのはできないものです。ついカスタマイズしてしまいました。

【解決】Windows10でBluetoothが使えなくなった時の対処法

もちろん僕の場合です。メモです。ちなみに

  • Windows10 Home Edition
  • バージョン 1809
  • 更新日 2019/03/14

です。どうも1809になってからおかしくなった気がします。気だけです。

問題に気づいたきっかけ

BluetoothをONにしようと思ったんですよ。スピーカー使いたくて。そしたら

通知センターにBluetoothのパネルがないッ!

解決までに試したこと(ダメだった方法)

  1. [設定]から[Bluetoothとその他のデバイス]を確認(←Bluetoothデバイスが表示されないとか設定できないとか)
  2. PCの再起動
  3. デバイスマネージャーからBluetoothを無効にし、再度[有効]へ
  4. Windows Update(←もともと最新版だった)
  5. PCの完全シャットダウン

解決した方法

デバイスドライバをもう一度確認しようと思いました。

スタートを右クリックして[デバイスマネージャー]を起動。

ここで、異常があれば[!]マークがアイコンについたり、「不明なデバイス」になるけど、見た目何ともなってない。次。

状態も「このデバイスは正常に動作しています」で問題ないように思える。ところが、上を見ると「BlueSoleil Generic Bluetooth Driver」とある。うん? ンン~!?

お前か~!

以前、外付けのBluetoothアダプタを付けたことがあった。でもそれは外し、PC本体のBluetoothアダプタを使っていた。それが多分、バージョン1809へのWindows Updateのタイミングで外付けのドライバに差し替わったのではないかと。

そうと分かれば、正しいドライバにするだけ。結論から言っちゃえば”Generic Bluetooth Driver”に差し替えれば良い。下記に手順。

Bluetoothドライバファイルの差し替え手順

[ドライバ]タブ→[ドライバーの更新]を選択して

[コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索]

[コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します]→[次へ]

BlueSoleil Generic Bluetooth Driverではなく”Generic Bluetooth Adapter”を選択して[次へ]

「ドライバーが正常に更新されました」→[閉じる]

Generic Bluetooth Adapterのプロパティを[閉じる]

すると、デバイスマネージャー画面で今までインストールしたデバイスが続々表示されるようになり、

通知センターにBluetoothパネルが表示されました。めでたしめでたし。

その他

他にもネットでは「BIOSの初期化」をしたら直ったという情報もありますが、僕はそこまでする前に直りました。

それにしても、デバイスマネージャーのアイコンに異常ステータスの[!]マークが無かったのはハマったわ……。

コタツのヒーターを交換した(グレードアップ)

我が家のコタツ。去年の夏、天板をパイン材に交換したところです。

問題点

カミさんと同棲する時に買ったから、20年近く使ってます。 だから、

コードなんて痛みまくっていて、危険な気が。それから特にカミさんに言われたのが、

出力の強弱ボリューム(つまみ)がヒーター本体についていること(写真はヒーターを外して撮影)。これ、とても不便です。理由は、暗いコタツの中で左右どちらに回せば強(弱)なのか分からないから(真ん中あたりから調整する場合)。

交換用ヒーターの購入

上記2つの問題

  • 電源コードが傷んでいる
  • 出力ボリューム(強弱つまみ)がヒーターについている

をクリアするため、下記の商品


メトロ(METRO) こたつ用取替えヒーター U字型ハロゲンヒーター 手元温度コントロール式 MHU-601E(K)を買いました。ヒーターと、手元で強弱が調節できるスイッチ(電源コード付き)と、交換のためのビスとかスペーサーとかがついてる。

ヒーターの交換

まず、

天板、こたつ布団を外してコタツを立て掛ける(やらなくても作業できなくはないが……)。

ヒーターの側面についているネジを緩める。

全てのネジを外し、ヒーターを外す。スポッと引っこ抜ける。

ヒーターが入っていたところ。ここに、

新しいヒーターがスッポリ入る。ウオオオ、マジでピッタリ!

スイッチは、こんな感じ。手元で、「切~弱~強」が連続的に調節できます。

ヒーターがピッタリなので、

コタツの見た目は、ほぼ変わらず。

気づいたこと

  • どうやら、コタツのヒーターの大きさは規格化されてる(29cm四方か33cm四方)
  • 購入したヒーターは29cm四方。でもスペーサーが付いてるので、33cm四方ヒーターのコタツにも交換可能
  • コタツを自作して、天板に直にヒーターをつけてはダメ。火災の原因(と説明書に記述あり)
  • 考えてみたら、2000年に購入してから、残ってるのがフレームだけになった。(今回までに天板、こたつ布団、ヒーターを交換したため)

使ってみた感じ

メッチャ良いです。出力は今までのより体感で強い。ウチのコタツは外寸110×80×37(cm)なんで、多分4人家族用としては小さめなんだと思いますが、交換前はせいぜい「中」までだったのが、交換後、「弱」までしか使ってない。そこまでで充分。それ以上は、メッチャ冷えた手足を急いで温めるには良いけど、常用する強さじゃないです。洗濯物乾かし用なのだろうか。

そして、「切」から「弱」までの間も調節できるので、「切」からパチッと電源を入れた「最弱」とでも言うべきヤワヤワな出力が、コタツで昼寝作業するのに最高です。