わが家にネコがやって来た

新しい家族が増えました

頚椎椎間板ヘルニア手術後半年になるのに体力が回復しなくて焦ってきた

体力が回復しない

頚椎椎間板ヘルニアの手術を受けてから半年が経とうとしているのに、昼食後の午睡が酷いことになったまま回復しません。

がんばって起きていることもありますが、「今日は一眠りしよう」と横になると、今日などは16:00まで爆睡しました。

さすがにこの状況は焦ってきます。もう半年も経っているのに。周りもそろそろ「いい加減にしろ」という目で見てるんじゃないかと。

原因を考える

おおもとの原因は、1月中旬に頚椎椎間板ヘルニアの手術を受けたことですが、これがここまで影響するとは。

筋力の低下

手術前後、頚部を中心に安静だったので、スマフォを見るくらいしかできませんでした。

当初、両腕を上(鉛直方向上向き)に挙げてスマフォを持ち続けるのは筋力が足りず、苦痛でした。慣れない体勢だったので辛かったです。数日がんばって、やっとそれが普通の姿勢になったような気がします。今から考えると、それが身体を横にしての生活へのリハビリになってしまってました。

体全体(特に体幹?)の筋力低下

さて、身体が横になったままに慣れてしまうと、当然ですが筋肉が落ちてしまいます。僕も、全体的に落ちたはずです。その後、リハビリや今の仕事で、無理矢理に頑張っていると、その部分だけの筋肉は最小限つくわけです。

仕事中は寝転がるわけにいかないので、かなり無理して頑張ってます。ですが家に帰ると、気も抜きたくなります。だから、自分の部屋でPCに向かうときは自分の本性が出るんでしょうけど、ここで問題があって普通に座ることができません

筋力が足りず座位が保てないのだと思います。それができるのは会社にいる間が限界です。家では、背もたれに身体を預け、足を机に投げ出して、やっとPCに向かえます。

身体がグニャグニャのせいか、腰に負担が掛かります(腰の筋肉もない?)。なので、はじめて「座り過ぎで腰が痛い」という人のことが理解できました。

生活を振り返ってみる

もう、運動不足です。これに尽きます。

仕事はデスクワークですが、手術明けの自分にはこれでもキツイ。帰宅して食事して横になると夕方まで爆睡。子供も帰ってくるので、色々と面倒を見ていたり送り迎えなどが始まると、そのまま運動はできなくなります。

考えてみたら、週に1回、従兄弟と自転車乗るのが唯一の運動でした。少なすぎますね。

コメント

  • なかなか大変ですね。まだお若いのに、どうしてそんなに体力が落ちてしまったのかと思います。

    「体幹」と読んで、馬鹿の一つ覚えのごとくw、一時流行ったバランスボールが頭に浮かびましたが、僕はああいうのは嫌いですので勧めませんw あと、下手に転がると首をぶつけそうなので、naokiさんには危なそうです。

    他に思い付くのは、(毎度書いている気がしますが、)歩くことですね・・・

    そうだ、手術した病院の医師には相談されましたか?

  • ●「首をぶつけそうなので」でハッとしたことがあります。
    発症後および手術後、頚部を安静にしなければならなかったのですが、
    今もその癖で、首に負担をかけないようにしていました。

    よく考えたら
    医者にも動かすようには言われてました。

    首を鍛える必要があります。

    そして、手術した医師にも、受診時に
    「どんどん首や腕を動かして!」と
    言われてましたわ……。

    最近、気力の衰えで出不精になってしまいましたが、
    外に出ると気持ちよかったりするので、
    何とか出られるようにしたいです。
    首もだいじですが、足腰も大事ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください