わが家にネコがやって来た

新しい家族が増えました

過呼吸(過換気)になるキッカケの一つが分かった

昨日、職場で上司の引き継ぎメモを見て、しばらくしたら嘔吐したと書いた。入院中に、よく「ウワーッとなった」とtwitterやこのブログで表現した。そのキッカケというか、原因のようなものが分かった気がしたので書いておく。

アタマの処理速度を超えたものが押し寄せたとき

上司の引き継ぎメモを見た時、書いてある内容はたったの2つだったが、行間を読みすぎてしまい、僕のアタマの処理速度を超えてしまった(その上司は普段から僕を畳み掛けて質問してきたりして追い詰める。そういうのを思い出してしまった)。

また、テレビを見ていて、目まぐるしく画像が変わる映像を見ていたら、気持ちが悪くなった。

それで(嫌なことだが)「目まぐるしく変わる映像」ちょっと試してみた。「次々と変わるgif」でググった結果を見てみた。すると、最初にあるこれは結構ヤバイし、2つめにあるこれに至っては10秒と見られず、本当に過呼吸を起こしそうになる。

2つだけ見て、耐えられなくなり、やめた。

頚椎椎間板ヘルニアの手術をして耐性がなくなったのかは分からない。アタマの処理速度が落ちたというのもあるだろう。

ただ、過呼吸になりかけたり嘔吐したりが、まだあることが分かった。これは今後も治療の必要がある。そろそろ治療は終わるかと思っていたのだが、甘かった。

コメント

  • 分かる気がします。自分の処理能力を超える場合、僕は、ムカいたり「うるせー」とか思ってシャットアウトしますが、そうもできないのでしょうね(ちなみに、僕はその画像を見る気も起こりませんw 最初から遮断です)。

    メモの件は、昔似たようなことが結構ありました。メールとか電話とか会話で嫌なこと(実際には、その先はきっとものすごく大変・嫌なことになりそうだと自分が想像すること)を言われたりすると、ブルースクリーンみたいに停止していました。これはどうやって解消したのか分かりません。加齢ですかね。実は、治ってなかったりして・・・

  • ●リンク先の画像、当初はブログに載せようと思ったんですが、著作権の関係から止めました。れんとさんのコメントを読んで、止めて良かったと胸を撫で下ろしました。

    それはそうと、僕の上司の件は完全に2人だけのチームなので、もうどうにも逃げられませんw れんとさんの書かれた「その先はきっとものすごく大変」のお話も、上司からされたときに僕も強制終了とかブルースクリーンみたいにしたいのですが、なにせ2人チームで逃げ場がないので、頑張ってしまいます。これがいけないのかも知れません。

    しかし、ブルースクリーンという表現、れんとさんらしいですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください