わが家にネコがやって来た

新しい家族が増えました

手術前の頚椎椎間板ヘルニアの痛みを思い出した

大変な痛みだったなー、って話です。

これを書いている日は雨。雨が降る前、両肘から先の痛みが強くなります。気圧の変化によるものと言われます。

今、こんなメモが出てきました。

「毛に触れただけでも痛い」

懐かしいです。

手術したからといって、痛みが全くなくなったわけではありません。常に痛みはあります。一生続くのかと考え始めると、またパニックになるかも知れないので、考えないようにしてます。いやまさに今書いてしまったわけですが、「一生続くのか」と悲観的になるより「一生続くのだろうなあ」と諦める、ということを(前にも書きましたが)別のクリニックの院長と、れんとさんとの会話から学びました。

話を戻します。手術前と比べたら、痛みはかなり軽くなりました。でも、剣道でヘタな奴に小手を思いっきり叩かれた後のような痛みがあります。それだけ手術前の痛みが酷いのです

そこでさっきのメモ。「毛に触れただけでも痛い」ってやつ。

まあ、女性は手の甲に毛なんて生えてないんでしょうけど、生えててもいいんですけど、僕は毛深いほうなので、手の甲に毛、生えてるんですね。なんなら指にも生えてます。

これに、布団が触れただけでも、硫酸でも掛けられたんじゃないかってくらいのピリピリした痛みが走ります。

また、今だからこれも懐かしいと言えますが、病院のトイレの水道の蛇口。手を洗うための。清潔のために手を触れなくても水が出るんですが、あのセンサーの調子が悪いのか、ちょっと予期しないタイミングで水が出るんです。

水に不意打ちされて、本気でうめき声が出ました。

そういうのを思い出して、手術を受けて良かったなーと、しみじみ思いました。パニック障害は発症しちゃったけど。(でも手術はキッカケでしかなくて、遅かれ早かれ発症してたのだと思います)

コメント

  • 手の甲や指の毛ですら痛むとは、なんともキツかったですね。良くなっても小手(これがマジで痛いんですよね)とは・・・

    僕なんて、寝ていてたまにふくらはぎが つるのですが、すごく苦しいうえに突然なるのが結構怖いのですが、なおきさんの痛みに比べればなんてことないですね・・・

  • ●いや! 攣りの痛みも分かりますよ!
    もう攣っちゃうと、そっちの方向にばかり筋肉が切れるんじゃないかってくらい曲がっちゃって痛いですよね。で、手で無理やり戻そうとするときも痛いんですよねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください