わが家にネコがやって来た

新しい家族が増えました

頚椎椎間板ヘルニアの症状には諦めも必要

通院治療も残すところ2ヶ月後の1回だけになりそうです。この病院とは全く違う、高血圧症でお世話になっているクリニックの院長。この方も、頚椎椎間板ヘルニアで、ある大学病院で手術を受けました。

曰く「僕は手術後、1年間左手が動かなかった」「痺れは治らないと思ったほうがいい」

とのこと。

1年間も左手が動かないのは辛いですね。聞き手じゃないとしても。1年もだと「もう一生動かないかも知れない」と、僕ならパニックになりそうです。

で、今、手術を受けたのに両手の小指側が痛いです。毎日。例えると、カッターで切りつけた後のような痛み、あるいは、剣道で下手くそな奴に小手を打たれた後のような痛み。

今は心療内科で出ている薬のせいか、精神的にはまあ落ち着いています。もしかしたら薬を飲まなくなるとまた、「この痛みが一生続くのか」とか考えてパニックになるかも。

たまたま高血圧症でお世話になっている、頚椎椎間板ヘルニア手術を経験している院長が「治らないと思ったほうがいい」と言ってくれたのは、いい意味で諦めるのに良かったです。(れんとさんも、よく仰ってます)

諦めると、楽に生きられそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください