わが家にネコがやって来た

新しい家族が増えました

頚椎椎間板ヘルニア 手術・退院後の体力について

手術後2ヶ月位はイメージとの差異に苦しむ

以前にも述べましたが、頭で持っている自分の体力のイメージと、実際の体力との間に差異があって、それに苦しめられました。実際には、気持ち悪くなったり酷ければ過呼吸を起こしかけたり。

いちど、パニック障害を克服したくて歯医者を受診(実際に口内炎に罹患)。その道中、歩くのが気持ちよくて楽しくて、気づかぬうちに無理なペースになり、帰ってから翌日の昼にかけてぐったりしてしまったり。

歯医者までの道のり、往復でたったの1.5kmです。通常なら何も問題はない距離です。だから天気が良くて、気持ち良くてハイペースで歩きますよね。でも考えてみれば、手術後初めて歩いた時は、病棟1周200mがやっととかでした。それを忘れてるんです

他にも、放ったらかしにしていたマウンテンバイクとロードバイクのタイヤに空気を入れるんですが、4本目まで腕力が持ちませんでした。4本目は、腕に力が入らず、空気を入れられませんでした。悔しかったですね。

現在(手術後4ヶ月)はどうなのか

手術前と比較して50%くらいじゃないでしょうか。ロードバイクも1時間漕ぐのくらいは簡単になりました。むしろ頭を支える筋肉が先に痛くなる感じ。

この痛みは、今までは首から両肩にかけてでしたが、最近無理して仕事(但し半日)して鍛えられているせいか、今は左肩にかけてのみ痛みが走ります。

仕事は今述べたとおり半日だけにしてもらってますが、帰宅して昼食を摂ると、どうしてもそのあと数時間寝てしまいます。スタミナが不足してます。

今は、長くて2時間位の昼寝でしょうか。今までは、3時間以上寝ることもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください