わが家にネコがやって来た

新しい家族が増えました

頚椎椎間板ヘルニア 手術・退院後の経過

退院してからしばらくはゆっくり過ごしました。当初は作業療法リハビリを週に1回、受診が月に1~2回。

通常の生活に戻りたいが障害になるもの

痛み

リハビリのつもりで家事やデスクの片付けを頑張ったら、退院5日目、昼食後から頭を支える首と両肩(肩甲骨あたり)が痛くて寝込みました。

そして痛みが思考と行動を邪魔するので、手術前の僕をよく知る人が当時の僕を見たら、一言で言って子供帰りしている老人に見えるんじゃないかと思いました。

つまり、痛くて難しいことを考えられないから、テレビを見る程度の下らない思考と言動しか出来ないのと、痛いから猫背になって、歩きも摺り足で遅い感じです。

ちなみに少しずつ、痛みで我慢できなくて横になるまでの時間が長くなってはいます。

パニック障害

退院後1週間目のリハビリで、吐きそうになりました。やったことは、机に向かい、紙に書かれているひらがなの文章で「あいうえお」だけ丸をつけ、文章の意味も把握するというもの。

「気持ち悪くなっちゃいました」と言うと、作業療法士さんが「……3分ですね」と。僕がこの作業で持ったのが3分だったということです。

実はこの日、リハビリに行くために退院後初めて運転し、それが楽しかったのでリハビリも終了か~? なんて考えてましたが甘かったです。

ただ正直言って、この3分しか持たなかったという事実が、このあと僕をしばらく苦しめるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください