わが家にネコがやって来た

新しい家族が増えました

手術後14~20日目

上記の入院生活は大きく変わることがないので、まとめて書いちゃいます。

ラジオのこと

モバイルデータ使用量が気になって、ラジオを多用するように。聴き疲れしないようにBoseのスピーカーにつないでますが(実際は聴き疲れするけど、ラジオに付いてるスピーカーよりかなりマシ)、ラジオ視聴が長続きしない

理由は、トークを聞いてる分には良いんですが、曲が掛かったりCMになると途端にうるさくなるからです。

だからNHKしか聞かないって人もいますが、僕はNHKのニュース以外があまり好きじゃないんですよねえ。

隣室のおばあさん

「わーたーしーはーいーっーたーいー、どーこーへーつーれーてーいーかーれーるーのー」

「なーにーがーなーんーだーか、わーけーがーわーかーらーなーいーよー」

と、相変わらず毎日おおごえ出してます。前にも書いたけど、この患者さんの不安な気持ちが分かる気がして、むしろこの大声を聞くたびに「大丈夫ですよ」と心の中で思うんですが、通じませんw

夜中に唄を歌うことがあって、僕が知らない歌なんですが、童謡のようにも聞こえました。子供の頃、祖母の背中で聞いた子守唄のような懐かしさ。

発熱

手術とは無関係だと思います。2019年2月3日の朝、検温したら37.6℃ありました。胃部不快感あり、息が切れ気味で「あれっ、どうしちゃったんだろう」と不安になりましたが、思いつくのが前日のコーヒーの飲み過ぎだけ。

あとはインフルエンザも流行っていたので、もらっちゃったかな~と思ってたんですが、夕方に検温したら35.4℃(平熱)へ。

入院中、唯一の熱発でした。しかも原因がよく分かりませんでした。

愛車のバッテリー上がり

入院して20日近く経ったところで、母から連絡があり、「コペンのバッテリーが上がってる!」と。あれ、バッテリーが小さいんですよね。

父が、持っている充電器で充電してみると言うんですが、僕はダメだろなーと思ってました。

が、完全放電はしていなかったようで、充電器での復活後、全く支障なく乗れています。突然の出費にならなくて良かった。

退院を決める

退院前日までのツイートとか日記を確認しましたが、退院をいつ決めたのか書いてありませんでした。ですが、このエントリの範囲内で決めたことは確かです。

術後の、筋肉が落ちたことによる痛みは結構あったので、入院していたいと思いました。が、入院生活予定表では術後15日目で退院になっていて、それよりも長く入院していることに焦りを感じていました。

それに対して、看護師さんや作業療法士さんなどは「あのスケジュールは、よほど回復が早い人で、若い人でもあのようには行かない」と言ってくれたんですが……、カミさんからの退院しろオーラが激しかったのと、僕自身が会社をクビになるんじゃないかという不安から、ちょっと無理やり決めた感があります。

コメント

  • > カミさんからの退院しろオーラが激しかった

    すみません、爆笑しました!

    だって、この前は「戻ってくるな」と全力だったじゃないですかw 一体こっちなんだとw

    もちろんいろいろな状況があってのことでしょうけど、なかなか微笑ましかったです。

  • ●わかりますよ。「どっちだよ!」ですよね。僕も思いましたもん。まあその時のカミさんの気分ですよねw ちょっとでも回復すると、厳しく接してくるんですよ。

    多分、僕が加入している医療保険のお金が当てにできるのか不安になったんだと思います。入院1日いくら、みたいなヤツですが、僕が医療機関に勤めていたときにも、保険会社から「この患者さんの入院、長くなってますが妥当ですか?」みたいな医師への面談がありました。

    そういう感じで、給付金が打ち切られちゃう不安はありましたね、僕も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください