わが家にネコがやって来た

新しい家族が増えました

手術後6日目 点滴ルートOFF

血液検査と点滴ルートOFF

手術日から入っていた点滴のルートがこの日、Offになりました。実に1週間。はじめは気にならなかったけど、動けるようになってから、腕を動かすと針が痛いと感じるようになってました。

点滴のルートを使って採血検査してから、針を抜きました。合理的です。

ここにずっと針が刺さってた

手術後初めて屋外へ出る

この日、手術後初めて屋外に出ました。日の光を浴び、風を浴び、気持ち良かった。こういうことをしないと人間、精神が参ってしまうのかも知れません。

ただ、手術後初のせいか、疲れましたw

心が弱っている時に気になったもの

この隙間です。リハビリの予定時刻の札ではなく。

床頭台と壁、5cm弱の隙間から見える、幹線道路を通過していく自動車。こんなものさえも、視界に入るとパニックを起こす刺激になってました。

コメント

  • その厚いテープと綿が懐かしいですw それにしても、看護師さんたちの合理的な作業とか、健康診断などの採血の時に、血が吸い込まれる容器を片手で入れ替える手際にはいつも感心しています。

    隙間から見える自動車、当時は、外が見えておもしろいのだろうと思い込んでました。パニックの原因とも知らずにそんなコメントをした気がします。失礼しました。。。

  • ●大丈夫です。不快な気分を味わった記憶がありません。だってそもそも、僕が「パニックの原因になってる」とツイートして、れんとさんが「外が見えて面白そうです」とか仰るわけないじゃないですか。

    たぶん後日になって「パニックの原因になってた」(←過去形)と僕がツイートして、れんとさんが「今なら外が見えて面白いでしょうね」くらいに仰ったんじゃないでしょうか。

    採血、針が刺さってる間、看護師さんはずっと片手の操作ですよね。あれは緊張するでしょうし、血を見て貧血を起こす僕に言わせれば凄いです。(ちなみに20代最後の方で、採血時に気持ち悪くなってから、採血してもらってる時に、容器を見ないようにしています)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください