手術日 手術前

手術前

朝食は7:00にカロリーメイトゼリーのみ。8:30から水分摂取禁止。なのでまた、時間ギリギリまで水飲んでましたw

その後は点滴がずっと続いたので、喉は乾かなかったです。

ただこの日は7:00に一旦起こされても8:00頃まで寝てしまっていました。痛みによって、疲れていたからです

不安

死ぬわけじゃないんだけど、家族が来ました。子どもたちは学校行ったけど。

死ぬわけじゃないけど、万が一ってこともないとは限らない……と思っていると、とても怖くなりました。

正直、手術後に3日間動けないことも含め、不安はありましたけど、もう中止できないと腹を括っていました。

手術の順番が来て、普段は使わないエレベーターまで家族はついてきていいって看護師さんが言うんですが、そのエレベーターの前に何となく霊安室を連想させるような寂しさがあったのを、それまでの入院生活で知っていました。何となく今生の別れになってしまうような気さえしたので、家族とは病室で別れました。「じゃあ、行ってきます」とか言ったと思います。

あとは、歩いて、エレベーターに乗って、また歩いて、手術室に着いて、ストレッチャーに寝かされました。

ストレッチャーのままガラガラと手術台の隣まで運ばれ、モニターをつけたりとか色々と処置をされました。その時に、もう逃げられない、引き返せないと思うと、とても怖くなりました。思えば僕の(今回の)パニック障害はここから始まったのかも知れません(その傾向は、もっと以前からありましたが)。呼吸が、ちょっと喘ぐような感じで早くなりました

マスクをした若い男性の麻酔医が名乗って挨拶してくれました。「(点滴に)眠くなる薬を入れますね~」と言われ、力なく「は~い」と答えたところまで覚えています。


「手術日 手術前」への2件のフィードバック

  1. 確かに、病院の中って妙な雰囲気の場所がありますね。子どもの頃入院した時に院内を歩き回っていたら、階段を降りて地下に行ったら、突然寂しいような怖いような雰囲気を感じました。その階に霊安室があったのかも知れません。そんな表示を見た気もするし、見なかった気もします。昔のことなのでその辺りはあやふやです。

    あと、手術室に歩いて行くところとストレッチャーで寝て行くところがあるようですね。僕は、上に書いた病院だけは歩いて行きました。まあ、脚を骨折の場合は、歩くのはありえなかったですがw

    前回のところは特に印象が強いのですが、ストレッチャーで天井を見ながら行くのは、どこをどう行っているのか分からず、妙な感じでした。あと、そこではエレベーターが予約状態みたいになっていて、微妙な優越感でおもしろかったですw

    それから、看護師さんが手術に迎えに来る時に、「お迎えに来ました」とか言うのは(他の人の時に「お迎えに行かなくちゃ」と言ってたのかも)、微妙に縁起でもない感じでしたw

    あと、僕も手術前はすごく緊張していたようで、血圧が200を超えてました。

    つい、病院ネタは弾んでしまいますw

  2. ●僕は(僕も?)霊感は全く無いんですが、れんとさんも仰るようにその場所が何となく寂しいとか怖いとか、そういうことはあります。で、これは全くの勘ですけど、そういうところって「見える人」には見えるとか、風水的に良くないとか、あるのではないでしょうか。

    手術室への行き方、最終的に手術室に入る時は床に線が引いてあって(又は扉の部分が)、そこから先は足をついてはいけないとかルールがあります。下らないように思えるかもしれませんが、感染防止のためです。なので確か僕は、線のこちら側に足を置き、向こう側のストレッチャーに座ってスリッパを脱いでから、ストレッチャーに横になったのでした。(それがまた、「こっちの世界」と「あっちの世界」を区切るようで……)

    感染防止と言えば、手術室とか分娩室の壁につま先を突っ込むスイッチがあって、それで自動ドアの開閉をしました(立ち会い出産時に経験)。

    手術用のエレベーターですが、れんとさんの場合は予約状態っぽい感じだったそうですが、僕が手術を受けた病院は、全くの別ルートでした。で、そのエレベーターホールが嫌な雰囲気なのが、嫌なんですよw

    そうそう、初回の入院時、数日間上を向きっぱなしだったので、ストレッチャーの移動、どこをどう動いたのか全く分かりません。あれ、人によっては酔ったり、パニックを起こす人もいるんじゃないでしょうかね。

    「お迎え」、メッチャ吹きましたw せめて「迎えに『上がりました』」とか言ってほしいですね。「お迎えがくる」とか、縁起悪いにも程がありますw

    血圧200超えは驚きです! 人によっては血管が破けたりしますからね。
    でも非常時に血圧が上がるのは、動物として正常ではありますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください