頚椎椎間板ヘルニア 入院11日目 順調に見えて色々あり

看護師に腹を立てる。でもそれは早とちりだったかも

日が変わって間もなく(0:13)、両肘から先の千切れるような痛みで目覚めてしまい、ナースコールしました。が、「坐薬は6時間(←だったと思う)空けないとダメ」の一点張り。

このあと2:23まで、少しは楽なので横にならずに、あぐらの姿勢でいました。当然寝られず、寝られてもウトウトする程度。またナースコールしましたが「我慢するしかない」と。

3:00から坐薬も使えたんですが、腹が立ってたのと、痛みも少し弱まったので薬を使わずウトウト。このまま我慢して6:30に目覚めました。

どうなんですかね、医師から出ている指示(坐薬)でも痛みが我慢できないのだから、医師に上申して改めて指示をもらってくれてもいいんじゃないかと。

しかもこの看護師、「痛くなる前に呼んでくれていいんですよ」と言ってくれた人で、なぜこの日はこんな対応なのかと。ご意見箱に投書しようかと思いました(←しなかった)。

ただ後日、僕はこの看護師さんに心から救われることになります。今回、腹を立てたけど、看護師さん側の言い分もあったんじゃないかと今は思えます(例えば、これ以上の対処は麻薬しかないとか、だけどヘルニアの痛みに対して行うものじゃないとか、それが経験的に分かってるから上申しないとか)。そういうのを話してくれれば、僕も納得したかも知れない。

更に言うと、認知症とかで何度もナースコールを押す患者さんがいますが、夜中の看護師さんは2名なので、たぶんそういうのもあって、たまたま説明してもらえなかった可能性もあり。でもしてくれれば良かったんだけど。

まあ、とにかくこの日はこの看護師さんに腹を立てたつもりでした。「つもり」というのは、腹を立てる対象は、本来、痛みに対してではないかと今、思ったからです。

痛いから

痛いから反省した

普通の動作をするのに痛むことの辛さ。自分がこうなるまで、理解してませんでした。

僕の父は過去に脳出血と、その数ヶ月後に脳梗塞を発症しました。右半身に常にしびれがあり、右側に「見えてても認識しない」状況があるそう。

そうすると、旅行とかで家族で歩く時、父だけ歩くのが遅いんです。みんな先を歩いています。僕も気にはしますが先に歩いています。母は、せっかちなのと、他の家族に迷惑を掛けて申し訳ない気持ちから、父の方を振り返って「まだ? 遅いなあ」と家族にだけ聞こえるような声で言います。

でもこれからは、僕は父と一緒に歩こうと強く思いました。

痛いからビンのフタを開けられない

オロナミンCとか、写真はデカビタCですけど、茶色いガラス瓶に金属製のフタの飲み物ってあるじゃないですか。このフタが滑るんですよね。

で、痛みで強く握れないから、このフタを開けるのメチャクチャ苦労するんです。

握るのに小指は重要って良く聞きますけど、あれは正にその通りで、僕の場合、小指と薬指を握らない方向に持っていってしまう。握ると、お互い擦れ合って痛むから。これは、もう無意識に。

で、他の3本の指は握る方向にするなんて、無理があるわけですよ。だから握力が本当になかったです。

ちなみに、開けるには雑巾を絞るような感じ。左手でビンを持ち、右手はOKサインで作った指の輪っかでキャップを強く握って回す。普通の開け方では開けられませんでした。

じゃあ、別の飲み物にすればって話なんですが、炭酸が入っている飲料がコーラとこれしかなかったもので……。1日1回、炭酸を嗜みたかったんです(笑)。

痛いから歩けない

これは両腕ではなく、背部ですね。この日も、歩行時の振動で肩甲骨のあたりがズキーン、ズキーンと痛み、病棟の1周200mを1周がやっとでした。

痛いから下痢?

これは分からないですけど(笑)。この日、とにかく下痢でした。肛門が滲みるくらいの。汚い話でスミマセンが。

で、思ったんですけど原因は痛みじゃないかと。看護師さんに腹を立てるくらいの、あぐらじゃないと耐えられないくらいの痛みに一晩中耐えていたわけです。一晩中、長いです。PCとか触れません。気も紛れず、ただ時間と痛みが過ぎるのを待つ。マジで両腕切断したら楽になるのかとか、良くないことを考えちゃうくらいでした。

それくらいのストレスを感じてたので、胃酸が出すぎて、それが腸に下りてきて下痢したんじゃないかと

その考えは恥ずかしくて看護師さんにも言いませんでしたが、下痢の事実だけはバイタルチェックの時に伝えました。

痛いけど自分で入浴できるようになった

初めて自分で入浴しました。やはり、自分で洗うのは気持ちいい。

食事のときも思ったんですが、この「自分でできる」というのは、できなくなってみると本当にありがたく、また、気持ちの良いものだったと気付きます。

さて、これで食事・排泄・入浴が出来るようになりました。それで、手術(をするとして)まで、退院してもいいんじゃないかと思うようになりました。

そして、自分の中では、迷いもあるけど手術を受けようという気になっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください