わが家にネコがやって来た

新しい家族が増えました

部屋の照明を変更(過渡期。早よフィラメント切れろ)

2014年12月31日のエントリ

↑ シーリングライトから

↑ ダクトレール+スポットライトと、フロアスタンドによる間接照明にした。

実はその後、時期は不明だがシーリングライトに戻している。理由は、落ち着きすぎてしまって、仕事の効率が落ちたから。

だったけど、ここに来て(特に手術後)精神的に不安定になり、色々と藻掻(もが)く中で、再度ダクトレールにした。やっぱ、電球色と間接照明は落ち着く。

ただ今回は、前回のようにスポットライトは使っていない。家にある全然使ってない白熱電球にした。

白熱電球を使い切りたいのだ。その結果、部屋の雰囲気は

こんな感じになった。

残念ながらシーリングライトを電球色にした直接照明と変わらない(1枚目の写真を赤っぽくしたのと変わらない)。考えてみれば、スポットライトのように壁の一部分を照らす(写真2枚目)のとは違い、白熱電球は光が拡散するから、「天井であらゆる方向に照らす」という意味でシーリングライトと光り方が似てるのだ。

かと言って、ほぼ未使用の白熱電球を廃棄できないくらいには、僕はケチなのであって……。それなのに、「早くフィラメント切れろ」と願っている。嗚呼。

(でも昼光色・昼白色よりはイイ)

コメント

  • いい色ですね。

    スポットライトに近付ける手として思い付くのは、フードを付けて光の拡散を防ぐとか光量を落とすとかです。白熱電球なので、どちらも安易にやると危険ですが、フードは100円ショップにあれば安上がりでいいですね。光量を落とすのは、安くは無理な気がします。(ここで、「無線(しかもスマフォ)で調整できればおもしろいなあ」とか思うのは技術馬鹿の性ですねw でも、Amazonにありそうな気もします)

  • ●そうなんですよ。電球を減らせば良いんですが、「電球を減らしたい」んですよね(←とっとと寿命にしてスポットライトに変えたい)。

    そして先ほどの「無線で」は、実際にありまして、スマフォからBluetoothで16万色?制御できるようです。面白そうですが、スマフォがないときにどうするか、調べてからですね。購入するのは。

  • うおお、「減らしたいから減らせない」って、僕のツボですw

    スマフォからできると、時間とか天気とか気温とか気分で自動的に変えられそうで、おもしろそうですね。

  • ●いやー、自分でもウマいこと言ったなとw

    ところでスマフォ+照明の件、僕もそんなに調べてないんですが、目覚ましにも使えるようなんですよね。これは良さそう。

    で、僕愛用のIFTTTでもHUEとかいうのを使うとなんか色々できそうで、マジ面白そうです。Great Scott!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください