わが家にネコがやって来た

新しい家族が増えました

2015-07-26

休日になると「どこに行っても混んでる」「こんな暑い日は家でエアコン掛けた涼しい部屋で過ごすのが良い」と言ってどこにも出掛けず(近所でIngressやるくらい),さあ明日は仕事だって段になって,ああ今日もどこにも出掛けなかったと憂鬱になるパターン。

あ,私の“出掛ける”は,ドライブと同義なんだと思う。ドライブしたい。うん。

ただ,まあ今日はドライブほどではなかったんだけど,私にしてはちょっと頑張った。人混みが大嫌いなのに,

  • プールに行った
  • 地元の祭りに行った

からだ。

プール

数年前は週に2回位の頻度で行ってたのだけど,職場を異動して当直がなくなり,その明け休みがなくなってからは,休日が殆ど日曜というプールの混雑日になってしまった。それと,他に週1日平日休みもあるのだけど,長男が小学生になっておいそれと休ませられなくなったのと,スポーツ少年団とか習い事とかで何気に忙しい。そんなわけで,去年なんて1~2回くらいしか行ってないと思う。

昨日から,初めは茨城か新潟の海にでも行こうと思っていたが,決めかねている内にかったるくなってしまい,いつも行っているプールへ。

開場30分後の10:00頃に到着したが,猛暑のせいかすでに近くの駐車場は満車になっていて徒歩10分くらい離れた駐車場になってしまった。

入場してからも,日陰はほとんど陣取られていて,いつも穴場だったスライダープールの下もまあまあ混んでいた。でもまあ何とか場所が取れたのだが,後から来た家族がウチのレジャーシートと重なるかのように場所を取ってきたのでイライラした。ああいう時は「お隣失礼します」とか一言断ればいいのに,と思う。だから人混みが嫌いなのだ。

傘を直した

プールから帰って,昼寝をしたら15:00を回っていた。そして,1週間以上放ったらかしになっていた,いつも使っている傘の面ファスナーを交換した。

面ファスナー交換前

傘はホームセンターかどこかで買った安物。新しいのを買っても良かったが,面ファスナー以外には問題がなかったので,家にあった面ファスナーに付け替えた。久し振りの裁縫で,しかもウチには指ぬきがなかったので,痛い思いをしながら何とか縫い付けた。こんな簡単な作業なのに,40分も掛かった。

面ファスナー交換後

色が全然合ってないけど安物だから良しとする。愛着があるような傘ではないのだが,何となく今回は,“面ファスナー以外は問題ないのに捨てるのは勿体無い”と強く思った。

地元の祭りに行った

これは,カミさんに言わせれば“雨が降る”くらい,人混み嫌いの私には珍しい行動だった。ここ数年,行ってなかったと思う。前回がいつだか,ブログかEvernoteを検索すれば分かるだろうが,それは面倒臭いのでやらない。

ところで今回行った理由は

  • 家族との時間を大事にしたい
  • 死ぬまでにあと何回,祭りに行けるのか

と思ったからである。

言い訳になるが,仕事がある日は疲れ切ってしまい,夕食を摂るとそのまま床で眠ってしまう。だから休日くらいは,自分のために時間を使いたいと思うのだが,たまーに,子供の面倒を見ているカミさんの方が,自分の時間がないという意味では,私よりも大変だよなあと思う。

そういう反省もあったし,どんどん成長していく子供達が,私と一緒に祭りに行ってくれるのはいつまでなのだろうと,ふと思った。私は遅くとも中学生になってからは,両親と祭りになんて行った記憶が無い。そして現在,長男はいつの間にか小学4年生である。成長は嬉しいが,“(私にとって)今しかできない”ことばかりと気づいた。

それと,人混みが嫌いなのだから祭りになど行かなければ良いのだが,ワガママなものでそれはそれで寂しい。今日行ってみて,久し振りに思い出したが,季節感が半端ではない。頭で今日,祭りなんだと思うだけなのと,その祭りに行って実際感じるのとでは,その夏の充実度が全く違うのだと思った。

余談だが,私が子供の頃に祭りに参加していた本町通りは,現在寂れている。今は,駅前の商店街の通りがとても賑やかである。子供の頃は,これを足して2で割ったくらいの人通りだったのだ。だから本町通りは寂しいけれど,歩行者天国を歩くのは快適だった。願わくば,このまま寂れて歩行者天国が中止になりませんように。

 

 

コメント

  • 本当に頑張りましたね。おつかれさまでした。
    僕は、やっぱりどっちも苦手です。

    混んでいるのはもちろん、場所取りとかに絡むちょっとしたイザコザは、楽しい気分を阻害して何とも嫌ですね。そして、近頃の人は、挨拶とかそういうのをほとんどしないですね。医者とか薬局とかで名前呼ばれても、返事しない人ばかりです。もう、それが当たり前になっているのでしょうか。

    傘の修理、いいですね。僕もきっとしそうです。お金より、直すことに楽しみを感じます。

    お子さんが居ると、確かに、「あと何回これができるか」って、いつもあるでしょうね。なかなか大切な気がします。

  • 楽しい気分の阻害については,れんとさんの旅行記を読むとよく「あるある!」と思う時があります。一番印象に残ってるのは,れんとさんが停めようとした駐車スペースに割り込まれた話ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください