わが家にネコがやって来た

新しい家族が増えました

父から子へ伝えるもの

今日,小学校3年生のtaiseiに,初めてBack to the Futureを見せた。終始無言で見ていたので,無理強いをしてしまったかと心配になったが,後で聞いてみたところ,映画に没入していたとのこと。「すごく面白かった!」と言っていたが,あれは見れば見るほど味が出る。

この1作目が日本で公開されたのはWikipediaによれば1985年12月で,私は小学校6年生だった。あれからもう30年経っているのではあるが,小学6年の私が小学3年のtaiseiと見ているような,妙な感覚があった。

話が変わるが,いつもこの1作目を見ると感動するシーン。マーティーが1955年から帰る直前,デロリアンに乗る前のドクとの遣り取りで

マーティ「ありがとう」
ドク「こちらこそ。30年後にまた会おう」

と言ってハグし合う場面。あの間(ま)は,いつ見ても素晴らしい。「友情」と口に出さなくても,それを感じる。今日は歳のせいか目から汗が出てしまい,家族に背を向けざるを得なかった。

今年は2015年でBTTF 2の舞台となった年。残念ながらホバーボードやMr.Fusionはまだだけど,ナイキは自動靴ひも調節シューズを発売予定と粋なことをやる。ズボンのポケットを外に垂らして歩くくらいは私にもできそうだ。

コメント

  • いろいろうらやましいです。まず、公開当時にご覧になったことです(あ、そうは書いてらっしゃらないから、違うのかも知れませんね)。僕は、後でTVかレンタルビデオでした。それで好きになって、2は映画館に行きました(でも、その頃は社会人だったので、映画館に行った気がしないのです)。3はなんかおもしろくなさそうだったので、やっぱりレンタルビデオかDVDだった気がします。

    あ、最初のBTTFのTV番組での紹介は、今でも覚えています。学校のシーンが記憶に残っています。結構おもしろそうだとは思ったのですが、天邪鬼なので、しばらく観ませんでした。。。

    そして、一緒に観て、おもしろさが分かってくれるお子さんが居ることもうらやましい。何とも言えないですね。taiseiくんは現代の子なので、1985年のいろいろな物にピンと来たでしょうかね。例えば、VHSカメラとかウォークマンとか。。。

    ハグし合う場面、いいですね。あと、僕は、マーティーが帰った後、ドクがとぼとぼと歩き出し、そして、大声で喜ぶシーンも好きです。(というか、好きなシーンだらけですがw)

    そう、今年はあの2015年。いろいろな物が実用化されていて、すごいです。書いてたら、お祭りでもやらないかなという気分になりましたw (ちなみに、ホバーボードは、製品にはなってませんが、実験ではできているそうです: http://www.businessnewsline.com/news/201410281139590000.html)

    最後に、taiseiくんにも、あの映画を30年後とかに観て欲しいです。

    BTTFはしゃべり出すとキリがないですねー。。。

  • ●れんとさん

    お察しの通り,実は映画館に見に行ったのではありませんでした。しばらく経ってからTVで見たので,実際は小6ではなく中1の可能性が高いです。が,文章を短くまとめることを優先しました。

    ウォークマンやVHSカメラの件ですが,taiseiは「そういうものだ」という感じで見ていたようです。今よりちょっと大きいな,くらいの感覚なのでしょう。ちなみに今朝も,「また見たい」と言っていました。

    れんとさんの仰るマーティーを送り出した後のドクのシーンもいいですね。確かに,全てのシーンがいいです(笑

    マーティー登場のシーンで,フクロウや猫の目が動く時計がありまして,ryuseiはそれを見て怖いと言い,映画を見ませんでした。

    アインシュタインにカルカンを自動で与える装置のところで,「ああやって生活を自動化すると,便利だろ」と解説したら,taiseiの心に響いていたようでした。将来どうなることやら(笑

    ホバーボードは,生きている内に何とか完成したものに乗ってみたいですね。

  • PS. 僕も30年後に観たいです。ぎりぎり生きているはずなので。その頃の世の中は一体どうなっているのか、想像もつきませんが。。。

  • へえ、naokiさんもTVでしたか。経験が似てますね。

    taiseiくんとryuseiくんの反応の違い、興味深いです。もしかしたら、理系と文系のような違いかも知れませんね。

    ただ、カルカンを自動で与える装置は、どうかなあと思います。技術者としてはとても興味があるのですがw、そこまで自動化していいのかどうか。。。

    ホバーボード、とても乗りたいですが、落ちて骨折するのが嫌なのでw、手に入れて、眺めて楽しみたいです。

  • ●JSさん
    実は今回の視聴で初めて,機械が開けている缶がカルカンだと知りました。缶に,「KALKAN」と標記してあったのです。
    そこで,KALKANでググってみると,日本で売っているものと関係あるようです。KALKANはアメリカ発祥だそうです。

    それにしても,動画のネコかわええ……。

  • 問題解決のためにまっしぐらに取り組んでいただきまして、ありがとうございます。

  • なるほどー。「BTTF naokiさん まっしぐら」ということですね。

    私も、まっしぐらになれる対象が欲しいですw

  • 万年筆は高いので最近萎えています。

    まぁ、水上より草津の方がまっしぐらいに考えていますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください