楽しくなければいけない

最近、精神的にとても悪い状況だった(それでブログも書けなかった)。

まず、やる気が起きない。加齢のせいかも知れない。仕事で過度に緊張を強いられているせいかも知れない。

何をしても楽しくない。また、何をしても、別のことをしたほうが良かったのではと不安になったり、後悔する(例えば、運動のためにロードバイクに乗ると、ドライブしたほうが良かったと思ったり。そのせいで、無意味な休日を過ごしてしまったと思ったり。もっと言えば、もっと勉強しておけば、もっと良い仕事に就けたのにと思ったり)。

それらが絡み合う。例えば仕事の過度の緊張から解放されるために深酒をする。翌日、胃が気持ち悪い。それが、酒のせいなのか仕事のせいなのか分からない。

そんな状況が、(4ヶ月前の転職から1ヶ月後の)9月辺りからずっと続いていた。

毎朝、起床する直前の夢の中から、嫌な気分になっていた。とにかく、仕事の過度の緊張が嫌なのだ。

(日が変わったが)今朝に至っては、もう明日からの仕事に行けない気がした。行ける自信がなかった。登校拒否で玄関で立てなくなるような感じ。

ただ、それはそれでダメだとは思っていた。僕はいつも苦しい。悲しい。最近それが酷い。特に今朝が酷い。

苦しみから解放されるためには人生を終えるしかないじゃないかとさえ、思った。その瞬間、

楽しくなきゃダメだ

と、強く思った。

楽しくしなきゃダメ。辛い時でも楽しくしなきゃ。

今まで、色んな人が、人生の先輩が、「何があっても楽しくなきゃダメよ」と言っていた。ただ僕はノイローゼや鬱病の経験(現在もそうかもしれない)があるので、悲しいことは悲しい、辛いことは辛いことにしなければ、無理して笑顔を作っていたら、心が壊れてしまうと思っていた(思っている)。

だけど、そう思ってきた結果が現在の状況で、これ以上悪くしてはいけない。これ以上悪い状況はないと思っている。そのためには、もう、僕の考えを改めるしかない。楽しくなきゃ、楽しくしなきゃダメなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください