【完結】ソロストーブもどきの吸気を改善してみる

今度は、灰受けをドーナツ状にブチ抜いて、ニクロム線を取りつけようと考えた。こんな感じ。というより

本家ソロストーブのパクリ。

1. 灰受けをブチ抜こう

1.1 ニッパー

歯が立たず。

1.2 金鋸

手近にあったVictorinoxのマルチツールでギコギコ。

【悲報】

歯が立たず。それどころか材料に負けて、刃こぼれしてしまった(写真をクリックすると拡大します)。

いいよ、それでもいいよ。ますます自分のツールって感じで愛着が湧いてきたよ。何なら今度ヤスリで目立てを試みるよ。ダメ元だけど……。

1.3 ドリルで穴あけ

イケるんじゃないかなーと思ったが、またしても歯が立たず。ドリルビットが木工用だった可能性もあるが、とにかくウチにあるものではいくら刃を当ててもダメだった。

1.4 結果

ブチ抜きを諦めた。

ニッパーによるキズと、金鋸による切り口が少し入っただけ……

2. 軽やかに解決

灰受けを見ながら考えた。

灰受け、いらないんじゃないのコレ?

もう、これでいいんじゃない? ていうかコレでいい。ていうかこれ吸気の効率最大っぽいし。

ということで、ハイ解決。

ただ、灰受けを使わないって事は、環境に影響を与えてしまう。それはいけないので、家では庭に転がっているU字溝の上で使う(というより、灰受けがあってもU字溝の上で使ってた)。

キャンプに持っていったことはない。もし使わせて頂けるとしたら、鉄板かなにかの上で使って灰は回収とか。もちろん灰受け使用で。

「【完結】ソロストーブもどきの吸気を改善してみる」への8件のフィードバック

  1. うおお、類似品の割にはちゃんとした材料だったんですね。すごく意外です。歯がこぼれてドリルもダメとは・・・ でも、究極にシンプルな解が見つかって良かったです。これは気持ちいいと思いますw

  2. ●そうなんです。変なところが、ちゃんとしてます。
    家にあるもの全てで歯が立たなかったとき、
    何だこりゃと思いましたw

  3. コロンブスの卵のようなお話で、「灰受けを使わないという考えはいいね」と思います。
    キャンプに持っていって、鉄板かなにかの上で使うのが鉄板でしょうねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください