上がったり下がったり

昨日、出勤前に堀江貴文さんの「ゼロ」を読んで、すごく元気が出た。それまでメンタルに関する本を読んでいたが、「ゼロ」の方が効果があったくらいだ(相性の問題で、メンタルの本にも大事なことは書いてあった)。

ところが今朝起きてみると、本の内容を忘れ掛けているせいか、気分が落ちていた。

(今までにも何度も書いているが)胃の不快感を心の落ち込みと思い込んでいる部分もあると思う。

ふと思ったが、こういうとき、一人で暮らしている方は大変なんだろうな……。

「上がったり下がったり」への3件のフィードバック

  1. 確かに、奥さんとかが居ると助かる場合が多い気がしますが、家族の居る方の面倒な話も聞きますし、自分でも母と暮らしていた時は結構イライラしたことが多かったので、一人で気楽だと思うことも多いですw

    堀江氏は、ネットでは馬鹿にされることが多いようですが、いろいろな経験をしたので、本や話はためになるかも知れませんね。

  2. ●家族の話,そうなんですよ。僕は助けられている面が大きいですが,
    正直なことを言えば,本当にメンタルが弱っている時は重荷に感じる時もあります。
    嫌いになっているわけでは決してありませんが。

    ところで今回,あることを母に言われてすごく反発したのですが,
    堀江貴文さんの本にも同じことが書いてあって,それはすんなり受け容れられましたw

  3. ああ、(内容は分からないのですが、)僕も、親に言われたら反発することでも、(まともな)他人に言われたとか自分で調べて知ったことなら、すんなり受け入れることが多いです。親には素直になれないんでしょうか?w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です