本日の怒り

昨日,仕事中に「辞めます。向いてないと思うので」と言いたくなることが何度もあったと書いた。心の中で怒りがあふれそうになっていて,何かの拍子にあふれたら,突発的にでも辞めるだろうと思った。

そんなだったから,今朝は「もう,どうでもいいや」という状態だった。

いつもなら,挨拶は自分から,返事は大きく,ハキハキと話すのが私だ。

だけど,今日は朝から心が疲れていて「もう無理するのは無理だ」と思った。そして,それを態度に出した(以前の私なら,心を態度に表すなど,考えられないことだった)。

朝,先輩と挨拶くらいはした。その後,休憩室で他愛もない会話をするが,今日は喋りたいときだけ喋り,後は黙っていた。会話していても,ハキハキしたくない時は,家にいるときのように落ち着いた(あるいはカッタルイ)気持ちで話した。

そんな風にしたら,思ったより悪くない一日だった。

頭に来たこと

しかし,今日も頭に来ることが数回あった。全ては“先輩”とのやり取りの中でだ。今日は,その全ての後で,小さく「もう辞めよう」と言った。もしかしたら聞こえていたかも知れない。

書類の紛失

昨日の夕方,先輩から渡された書類を紛失した。本来,夜勤者に引き継ぐ物だったが,その説明はなかった。疲れていたので記憶が定かではないが,帰る直前に休憩室で,次の日の段取りを話し合った後,先輩から「それはそこに置いといて」と言われた気がする。もしかしたら,先輩はその時扱っていた別の書類の事を指していたのかも知れないが。

今日になってそれが明るみに出て,先輩から「あの書類どうした?」と聞かれた。どうするも何も,先輩の言う通りに問題なく処理した感覚しか無いから,特段の覚えがない。そのことで,また捲し立てられるように責められた。

私にも落ち度があるが,もし前職の私だったら,上司としてその書類が適切に処理されたことを,依頼だけでなく確認する。

言ってることが違う

ある仕事を,習った通りの手順で進めた。そうしたら,「俺は,そんな風に教えてない」とまた責め始めた。これについては完全に復習して身に付けた自信があったので,「これについては,こういう風に説明されました」と言い返した。勿論,謙虚な気持ちを込めながら。

だが,「俺はそんな事言ってない」と言う。ここまで来ると水掛け論だ。私は自ら折れて,「分かりました。じゃあ,その手順で」と言っていると,上司が「どうした?」とやってきた。

上司が話を聞いてくれて,結局,私の習った方法が正しいと分かった。では,はじめに教えたのは上司だったのか?いや違う。この件については,先輩が,説明した場面まで覚えているのだ。

上司と先輩で言ってることが違う

これは昨日の問題(先輩が当初説明した手順で仕事をしてたら,「そのやり方だと○○さんに迷惑が掛かるので,今後はこっちから」と言われ,○○さんに謝罪した件)に絡む。

昨日,私にとっては先輩が,当初の説明とは違う手順で進めるように言うから,今日はそれに従った。先輩は,満足げだった。

しかし,この手順だと,私が習っていないことが一つあった。先輩は「教えてなかったね」と,軽く教えてくれた。

しかし,その説明では不足があった。どうも伝票と荷物が合わないと悩んでいたら,上司がやってきて,先輩の教え方では見落としのあるポイントを指摘し,「複雑だからkobayashi君には,まだ教えていなかったんだ。こっちはいいから,あっち(元の手順)からやってて」と言われた。

とにかく煽られる

体力がなくて荷物を運ぶのが遅いのを責められるのは仕方がない。今後,筋力が付いていったとしても,体育がはじめから得意な人と,そうでない人との差を埋めるのは,なかなか大変なものがあるからだ。向き不向きで,向いている人は初めから有利なのだから。逆に勉強だって「やればできる」なら,誰だって出来ている筈なのだ。この件は毎日,責められている。

それはさておき,今日はフォークリフトを運転していて,それが遅いのだと。

私に言わせると,万が一にも棚に衝突して,棚の荷物を落下させるようなことは決してしてはならないし,柱にパレットを引っ掛けて荷物ごと落下させたり,あるいは路面の凹凸で荷物を落下させてはならないから,要所要所で減速していた。慣れればそういうところも全速で行けるのかも知れないが,私は免許を取っただけの初心者だ。事故を起こすのは最悪だ。多少遅くても確実に。それが正しいと今でも信じている。

ところが,先輩は「自分だったら,○○までに終えていた」とか,「自分が遅いせいで,周りに仕事を(余計に)進ませることに,何か感じない?何も感じないか。俺なら絶対○○までに終わらせてやろうと思うけどね」などと言ってくる。

分かっている。先輩は正しい。だって,あれだけすっ飛ばしてて,荷物を落としたりしないのだから。そんな先輩から見たら,私はノロマにしか見えないのだろう。

休憩室で,この話になった時が,今日,一番頭に来た。

25歳の“先輩”

私も若い頃は自信を持っていた。自分が正しいと思っていたし,それで周囲に多少の迷惑を掛けたと思う。

今,それが“先輩”から跳ね返って来ている気がする。先輩,先輩と言っている私も悪いのかも知れない。18歳年上であることは彼にとって無価値なのかもしれない。全く敬意を払われない。


他にも,何か書きたいことは数本あったし,今回のエントリも中途半端だ。だが明日が早いので寝ることにする。

投稿者:

naoki

発電所好き。鉄塔好き。

「本日の怒り」への3件のフィードバック

  1. なるほど! これには気づきませんでした。僕も、若い頃は自分に無駄な自信があって、世の中に反発していて、年上の人にも食って掛かっていました。まあ、今も上司にはそういう場合がありますが。

    naokiさんは大変ですが、うちの若い人たちは全くそういうのがなくて、僕は楽なのですが、逆に頼りない感じもしています。。。

  2. ただ、その先輩は余りにもひどいし、馬鹿過ぎてしょうもないと思います。

  3. ●ありがとうございます。今日,色々書こうと思いましたがそろそろ電池切れなので,明日にでもまた(すみません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です