週末飲み

昨日の土曜日は仕事が定時で上がれたので,かねてより誘っておいた弟と酒を飲むつもりだった。ただ,弟が事前に実家にそのことを話してしまったので,両親を誘わなければならなかった。結局,両親と私,弟で飲んだ。

いろいろと話はしたが,メインは私の転職が話題だった。体育より他の勉強のほうが得意だった私が,ブルーカラーの仕事をしていることに違和感があるのだろう。皆,「兄ちゃんは今の仕事で終わるべきじゃない」というようなことを言っていた。

私自身は,体力さえ追いつけば今の仕事も悪くないと思っている(あと,休みの数の問題。土曜日休みがなくて,れんとさんと飲みに行けない。バカかと言われそうだが,私にとっては結構切実な問題)。

だけど,先日,れんとさんのブログでInboxの話題を読んだとき,今の職場はGTDがほぼ運用できないのだなあと寂しくなった。前職で好きだったのは,色んな問題や仕事がInboxに入ってきて,それを適切に処理して行くことだった。

そのエントリが切っ掛けで,自分の中にあった,今の職場に対する違和感の正体が分かってきた。

だけど,今の職場は人間関係等,色々良いところもあり,せっかく入ったのだから,せめてフォークリフト(カウンター,リーチ)の運転が一人前にこなせるようになるまでは続けたいと思っている。

それに,ホワイトカラーになるとしても,長く続けた医療事務にはなりたくないのだとしたら,自分に何ができるだろう。

その答えは,純コミックスのこのエントリで紹介されていた本で見つけられそうな気がした。(余談だが,求職中は純コミックスのエントリをはじめから最後まで全て読み,生活や仕事に役立つツールを探していた)

それで見つけたのが「キャリアノートで会社を辞めても一生困らない人になる」

本来であれば,(昨日になってしまったが)日曜日の今日,読む筈だった。

しかし,体調を崩してしまった。現在,喉が痛くて明日以降の仕事が不安だ。

辞めるにしろ,続けるにしろ,この本を読むことが前に進むことと信じて。

退社後,体調が良いとき(良くても疲労で困難だけど),今度の休みなどに読んでみたい。

投稿者:

naoki

発電所好き。鉄塔好き。

「週末飲み」への2件のフィードバック

  1. なるほど。その、「会社を辞めても一生困らない」というのは、僕も実現できておらず、気になっていたところです。僕の場合、最後(面倒なことなど)は会社に依存しているところがありますし、歳も取っていますから、クビになると困ります。いい答えが見つかるといいですね。

    体調は大丈夫ですか? お大事になさって下さい。

    最後に、飲む件、ありがとうございます。確かに時間がないですね・・・運良く都合の付く時ができましたら、よろしくお願いします。

  2. ●コメントありがとうございます。
    体調は,昨日と変わらずで「喉に違和感があり,放っておくとマズイ」感じです。
    土曜日も休みじゃないと,れんとさんと飲みに行けないし,通院も出来ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です