会社・給与に対する考え方の違い

(ほろ酔いで書きますよ)

18歳年下,25歳の先輩がたまに言う。

「残業代,稼がないと」って。

前の職場の上司も,同じことを言っていた。当時はそれで毎日22:00くらいまでの(私に言わせればカスで無意味な)残業が普通で,早くて20:00。時には,帰りの間,MTBを漕いでいて日付が変わったこともあった。

まあ,今の職場はそこまで酷くはない。閑散期である今のところ,20:00前には退勤できる。

両方の会社共,副業は禁止されているから,手っ取り早く収入を上げるには残業しか無いのかも知れない。

で,確かに前の仕事でも残業中に仕事はあって,ダラダラと時間を潰したわけではない。が,命じられるからやるけれども,残業してまでやる仕事か?という疑問はあった。上司が残業するために,業務を作ってるような気がした。私はそれに付き合わされていた。

私は,残業が,大嫌いです。

一刻でも早く帰宅して家族との時間を持ちたい。死ぬまでしか家族には会えないから。子供の成長は,一瞬一瞬を切り取らないと間に合わないくらい早いから。

あと,残業代を稼ぐのは手軽だが,同じ働くなら,ダブルワークをするとか,いっその事,起業してしまうとかの方が,何と言うか,人生が有意義な気がする。今の会社,嫌いではないが,残業代を稼ぎたいと言ってるのはダメだと思う。給料安けりゃ,とっとと辞めて高くなるような仕事をした方が有意義ではないか?

副業を認めない会社の方が圧倒的多数なんだろう。じゃあ,極論すれば起業って事になるのだろうな。

投稿者:

naoki

発電所好き。鉄塔好き。

「会社・給与に対する考え方の違い」への4件のフィードバック

  1. 昔は「残業代、稼ごう」って人が多かったと思います。僕も、若い頃はそれに疑問を感じていませんでした。今は、ブラック企業が多くて、してももらえないのかも知れませんね。

    それはともかくとして、今は、常に残業があるって会社は、能無しだと思います。社員でなくて、偉い奴らが。要は、常にリソース不足なのを見ても何も思わずに、社員に「超過労働」をさせて、しのいだつもりになっているのです。「お前ら管理職の仕事は何だよ!」と言いたくなります。

    あと、今も居るのかは分かりませんが、社員でも、何もないのに居残ってお金を稼いだ気分になっている人が居ましたね。腐ってます。

    あと、僕の意見は、「(そこまでして)お金を稼がなくてもいいのでは」なのですが、人によって状況が違いますから、お金を稼ぎたい気持ちを否定しません。

  2. ●私も、お金より家族が大事で、お金はあったほうがいいくらいの感覚ですね。だから残業は嫌いです。スパッと帰れるように段取りを組みたい。

    少し慣れてきたところではありますが、れんとさんのコメントもあり、やはり、考え直した方が良いかもという気になりました。すぐに行動するかはわかりませんが。

  3. 文章から、以前よりは落ち着かれた印象でしたが、そのようなので、少し良かったです。でも、無理はなさらないで下さい。

    あと、僕の会社は上に書いたように能無しが多いのですが、お金が全くないと生きていけないので、我慢しております(半分w)。

  4. ●そうですね。読み返すと自分で恥ずかしくなりますが,入社後に更新しまくった時の病的な状態は抜け出せた気がします。

    ですが,今の会社の様々な状況に納得していない部分もあり,逆に,前職よりもとても良い部分もありというのが現状です。

    ともあれ,病的な状態が抜け出せたのは良かったなと。

    それにしても,毎日,筋肉痛ですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です