ものすごく落ち込んだ時の状態を記録する

今日は遅番。11:00過ぎに起床。昨夜の就寝が2:30くらい。だから8時間30分くらい眠った。通常,睡眠時間としては充分のはずだ。

だが,ものすごく落ち込んでいる(いた)。その状態を記録しておこうと今はブログを書いているが,書く前は酷かった。まず,起床直後に嘔吐した。

そして今,とある良い話を頂いているのにそれがこの気分で嫌になるくらいの落ち込みようだった。起きてから時間が経ってきて,そこまで気分が落ち込んだことに私自身が驚いている。

理由を考えてみた。時差ボケではないだろうか。時差ボケで気分が落ち込むのかは分からないが,体がいつも勤務時間に振り回される。以前やっていた医療事務の時は,当直があったとしても急患や死亡退院がなければ夜は寝られた。だから起床時間はほぼ一定だった。

今の仕事の拘束時間を記すと,ざっくりと

  • 5:10~14:30(早番)
  • 14:10~25:00(遅番)
  • 6:00~22:00

といったところ。

(今,ブログを書いていて,起床時よりも気分が普通になってきたことを実感している)

起床時間は早いと3:00。4:00起きが普通。遅番の時は12:00とか。

(ちなみに就寝時間は21:00から,遅番で帰った日は3:00とか)

やってみたかった仕事だし,好きで始めてみたが,休日の数など,入社前の説明とは全く違うし,その上更に休日出勤を依頼(ほぼ強要)されることもあり,疲弊している。

体が疲弊すると考えも正常でなくなる。


ライフログによると,過去にもこのような状態になっている。今回と共通するのは,遅番と遅番に挟まれていて,比較的ゆっくり寝られていること。但し家族が起きる頃から,熟睡はできていない。

(2018-02-26 13:32追記)

飲酒に関する反省

就寝が23:30を回っていた。なのに4:00起床。

意外にも現在はブログを書けるくらい快調だが、それは一昨日からの睡眠で10時間以上眠ったからだ。

実際、昨晩の睡眠は酷かった。

感覚では、30分〜1時間おきに口内と喉がカラカラに乾き、水分摂取とトイレ。

少なくとも1回は、嫌な夢を見た。その時点で1:25だった。

その後も何度も目覚め、最後のほうでは水を飲み嘔吐。もうあれは、2:00か3:00くらいじゃなかったのだろうか。(ただ、この嘔吐がなければ今はもっと辛いような気がする)

こんな眠り方で体に良いわけがない。いくら休み明けの、今日からの仕事が嫌だったとしても。

起床時に落ち込んで悲しくなった話

今朝、起床する直前からものすごく嫌な気分になった。悲しくて嫌で仕方がないのだ。仕事のせいで。

どうにも嫌で投げ出したくなり「本当にどうしようもなくなったら辞めてもいい?」とカミさんにこぼしてしまった。そしたら「いいよ」って。

「ただ……」とそれに続けて言ってくれたのは、
前職で受けた理不尽な行為
就職活動中に転職回数が多いので尻込みしていたこと

「他にもまだまだあるよ」と。

今が辛いから、過去の嫌なことを忘れてしまっていた。

そういうのを思い出させてくれるカミさんには感謝だ。

他にも、ネット上で心配して声を掛けて下さる方々がいて、本当にありがたいと思う。

今朝の落ち込みは、生きていたくない、というくらい酷かった(というか、もう逃げたかったのだな)。

そういうことがたまにあって、僕はそういうことを書いたり言ったりするので、周りの方々に励まして頂けるのは本当にありがたい。

そういうのがなかったら、僕はとっくに死んでいたと思う。

カミさんと皆さんに感謝。