別れは突然やって来た

ウチで最長老ネコのミュウが,今朝,亡くなった。7時何分,そのくらい。

母に呼ばれたのですぐに行った。亡くなって数分しか経っておらず,触っても温かいので,薄目を開けて眠っているように見えた。でも,呼吸は,していなかった。

記憶が定かではないが,ミュウがウチに来たのは1996年か1997年かそのくらい(←確認取れ次第,修正予定)。ウチに初めて来たネコだった。

だから,まあ,20歳に達するかどうかというところだ。人間で言えば,90歳代らしい。

なので,いつか,この日が来る覚悟はしていた。

母によれば,ミュウは今朝,いつものように朝食を摂った。ただ,ちょっと嘔吐しそうだったので,浴室に誘導した。浴室以外で吐かれると後片付けが面倒だから,ウチは浴室の戸を閉める。だから吐き終えてから,ミュウが「出してくれ」と鳴いた。だから母は戸を開けた。

吐いたら空腹になったのか,また食べた。食べ終わって,ストーブの前まで歩き,横になった。

s2016-11-25-003

そのすぐ後,母が,ミュウの,毛が薄い部分を見つけた。「お医者さんに連れて行かなくちゃかな」と思った。そう思って触っている内に,呼吸をしていないことに気付いた。


ミュウと出会ったのは,まだカミさんと恋人同士だった頃,埼玉県の川の博物館へ行ったときだ。博物館から帰ろうとすると,駐車場に数羽のカラスが飛んでいるのが見えた。どこから何処かへ飛んでいくというのではない。ごく狭い,半径数メートルの範囲の上空を,上がったり下がったり,そんな飛び方だった。

近づいてみると,血の気が引いた。カラスが子猫をくわえて,持ち上げては落としていたのである。子猫は,一所懸命鳴いていた(と思った)。

それを見て,私はキレた。体中の血液が沸騰した。たった一匹の小さな子猫を,数羽のカラスで!

カラスの集団の中に突っ込んでいくと,カラスは子猫を離して逃げていった(今思えば,あの時カラスが離してくれたのは幸いだった)。

周りを見渡したが,親猫はいない。だから,ここに置いていったら,またカラスに狙われるだろう。車に乗り,子猫を膝に抱いて,一瞬考えた。まだ20歳代と若かったから,考えたというより,感情に突き動かされて,実家(当時自宅)に向かった。実家で,自分が飼うことにしたのだ。車を走らせると,子猫はカミさんの太腿の上で,すぐに眠ってしまった。死んでしまったかと心配になるくらい,くたっと動かなくなった。二人で本当に心配した。

初めは,両親に反対された記憶がある。全く理解してくれなかったのではなかったが,家の内装がビリビリにされるのを嫌がったのだ(結局ビリビリになったが)。だから初めは,私の部屋だけが行動範囲だった。

まるで兄弟だった。ある時は親子だった。眠るときも一緒。親が恋しいのだろう。いつも寝ながら,私の指をチューチュー吸っていた。

smyu3-2

smyu2-2

smyu1

名前は,既に書いている通り,ミュウにした。工学系の大学を出たばかりだったのと,映画Back to the Futureで,ドクが飼い犬にアインシュタインと名付けていたのが好きだったのだ。

だから,既にウチにいた飼い犬は「パスカル」と名付けたし,「ミュウ」は,その鳴き声と体の小ささ=「マイクロ(μ)」から取った。

%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%82%a6

ミュウ

最後の写真は大きくなってからだけど。


昨日(2016-11-25)は,雪だった。今日は,日本晴だ。そんな日に,さっきまで普通に動いていたミュウが,さっきまで普通に歩いていたミュウが,亡くなった。覚悟はしていたが,突然すぎるよ,ミュウ。もっと衰弱とかしてからじゃないのかよ。

母は,泣いていた。私は,いきなりといっても覚悟はしていたので,涙こそ流さなかった。が,今こうしてブログを書いていると,悲しくなってくる。

ウチは,生き物が死ぬと,庭に埋葬する。寂しいだろうから,パスカルの隣に埋めてやろうと思った。だけど,間抜けなことにパスカルを埋めた場所を細かくは覚えていなかった。パスカルを掘り起こしちゃかわいそうなので,なるべく近くだけど多分ここなら大丈夫,という所に穴を掘った。

雪が降った翌日で,土が冷たい。こんなところに直接埋めるのでは寒くて可哀想だから,ミュウは狭いところが好きだったからと,母がダンボールを用意して,その中にミュウを納めた。

s2016-11-25-006

寂しくないように,花を,お腹が空かないように,カリカリを包んで入れた。

ああ,ダメだ。書いていたら涙が出てきた。

s2016-11-25-007

埋める時に,寂しかったから「さようなら」ではなく,「ありがとう。また会おうね」と,心の中で言った。本当は口に出して言いたかったが,両親から(私に自殺企図があるなど)誤解されては困るので,言わなかった。

ミュウよ,今日はいい天気だよ。

s2016-11-25-005

sr0013616

いつか僕がそっちに行ったら,また仲良くしてちょうだいね。

病院・診療所・医療機関レビュー

病院の評価レビューのサイトが,

  • 「「ポジティブ」なクチコミのみを扱います。」
  • 「ユーザ登録後の最初の口コミ投稿につきましては「評価内容が3.5以上の口コミ」のみ受け付けています。」

って何なの?そのサイト自体の存在意義を問われないの?

ネガティブなレビューを否定するって,病院寄りで,ユーザーを裏切ってる。

バカみたいに金正恩の周りでニコニコしながらメモ取ってる奴らを連想した。lif1505310006-p1

(2016-11-21 17:52 訂正)

両刃カミソリか電気シェーバーか

毎日ついて回るヒゲ剃り。毎日のことだけに,このテーマはたまに書きたくなる。

私はメルクールの両刃カミソリ(334C)と電気シェーバーを気分によって使い分けていた。

結論

私なら両刃カミソリ(メルクール)r0013612

理由

  1. メルクールは簡単に分解でき,洗浄が容易
  2. 電気シェーバーは,分解箇所が2つで,それぞれをしっかり洗わないと,汚れが部品と部品の間に入り不衛生。また,部品の形状が複雑で洗いづらいr0013614
  3. 剃り終えてから,シェービングジェルを洗い流す時に,剃り残しを最終確認できる。この電気シェーバーも防水なのでシェービングジェルの使用は可能で,上記のメリットも有るが,例えばスライド式スイッチの隙間に入った汚れはどうするのかなど,別のことを考えてしまう
  4. 電気シェーバーは,洗浄に液体石鹸が必要
  5. 電気シェーバーは,洗浄後,乾いてから刃に注油の必要があるr0013613
  6. 電気シェーバーは,外刃と内刃でヒゲを挟んで切るため,外刃の分だけ深剃りできない
  7. 電気シェーバーで深剃りしようと機器を肌に押し当てると,出血する(Yシャツを汚した)
  8. メルクールも使い方により出血するが,最近,急がずゆっくり,また,方向に気をつけて剃ると,出血せずうまくいくことが分かった