人と会うということ

なんか,れんとさんと近々会うような気がしてきた。Back To The Futureの話題で,ポケットを垂らし,軽く酒を飲みながら談笑するために。

れんとさんがお住まいのおおよその所と,私の住所の緯度経度の中点を求めたら,とあるゴルフ場の林の中になった。

 

時間的に中点になる場所を算出できるアプリがあったら便利だろうなあ。

草履が最高に気持ちイイ!

オフで外出するときは草履を履くようになった。

初日は慣れておらず,足の裏も鼻緒の部分も痛くて1時間ほどしか履けなかった。

IMG_20151025_122434

2回目に履いたのは,数日前にIngressやった時だ。ここでかなり慣れたと思う。この時も1時間位だったか。

IMG_20151025_115003

そして今日。最高です,コレ。気持ちが良くて,どこまでも歩ける気がする。カミさんに言ったら「トム・ソーヤか」と突っ込まれたが。

子どもたちを小さな公園で遊ばせながら,自分はこれを履いて公園の中をグルグル歩き回ってた。

IMG_20151025_115042

竹皮を編んだ草履。梱包から,商品に対する気持ちが伝わって来た。Amazon内で販売している。リピートしたいショップだ。

鳴らないアラーム

今朝,カミさんに起こされた。スマフォのアラームが鳴らなかったか,鳴ったとしても,昨日の木を切る作業の疲れで眠り続けてしまったか。

それで,1分後にアラームをセットしてみた。が,鳴らなかった。

スマフォを再起動すると,アラームも正常に動作した。

これには困った。スマフォのアラームを信頼出来ない。

それで,旅行用の目覚まし時計の購入し併用することも考えた。色々探していたが,物は増やしたくない。

そういうわけで,nexus 7とスマフォのアラームを併用することにした。面倒臭いが。

私はカミさんがいるから良かったが,一人暮らしだとすごいプレッシャーになりそうだなあ……。

2015年10月21日

昨日はBack To The Future Part 2のメモリアルデーだった。

結論から言うと,何もしなかった。ポケットを垂らすのさえも。

まあ,強いてあげれば20日の夜,寝る前にBTTF2のDVDを字幕で見て,21日の朝,BTTF2を日本語吹き替えで流しながら食事をしたのだけど。

さて,朝の時点で,越谷でデロリアンが走るというので行こうかと思っていた。

しかしたまたま弟が休みをとっており,父が,父の実家の土地の木を切ると言い出し,それに弟が捕まった。

実は弟は,肩が痛いので実家に湿布を貰いに来ていた。なのに,作業に駆り出されてしまったのだ。

その話を母から聞いてしまった。父と弟に作業をさせ,自分だけ遊んでいるのは気が引けた。

というわけで,父・母・私・弟の4人で3階建てのアパートと同じ高さの木を半日掛かって切った。

切ると言っても,他の草なども荒れ放題なので,まず足場を作るため,足元の草を刈り払ったし,周りにも細い木が何本もあり,そういうのを切って一箇所にまとめる必要があった。

それから目的の木を切るのだが,倒れる方向を誤ると,建物か,電柱が損傷するので,私はプロに任せる考えだった。しかし色々衰えた父が頑なに自分たちで切ると言って聞かなかった。

最終的に,うまい方向へ木が倒れた時には安堵した。私は少しイライラしていて,休日を半日潰して労働したのだから,うなぎを食わせろと言った。

夜,実家に集まり,お疲れさん会となった。弟家族が買い出しに行ったが,うなぎがなかったので,牛丼になった。

そんな一日だった。今日はすでに筋肉痛である。

Google認証システムで焦ったこと

昨日,午後に入ってからGoogle認証システムが上手く機能しなくて参った。

ざっと書くと,Google認証システムは,アプリケーションごとに,30秒毎に6桁の番号が発行されるもの。

通常のID/Passに加え,2段階認証として併用することで,万が一,ID/Passが漏れたとしても,認証コードが分からないとログインできない。

という仕組みを,私は,EvernoteやGoogleなど,使えるものには全てに使っている。

さて,その認証システムが昨日午後から上手く機能せず,EvernoteにもGoogleにもログイン出来なくて参ってしまった。

そんな場合に備え,自分のスマフォにSMSで認証コードを送れるようになっているので,全くログインできない,ということはなかったのだが。

ただ,仕事中,時々その理由を考えようとしてしまい,集中が途切れることが多々あった。帰宅してから対応しなきゃな,と思った。

さて,帰宅したところ,ryusei(次男5歳)が,にゃんこ大戦争をプレイするために私のスマフォをいじり始めた。しかし「統率力が全然なくて(プレイ)できない」と言う。

統率力とはプレイ回数に係る数値で,プレイすると減少し,時間とともに回復する。

結局,この発言のおかげで,Google認証システムが機能しなかった理由が分かった。にゃんこ大戦争から“時刻が違う”旨のメッセージが出ていた。統率力回復のために,スマフォの時刻を進める不正への対策なのだろう。

それでスマフォの時刻を確認すると,正しい時刻より10分ほどずれていた。これを修正したら,Google認証システムも,めでたく機能した。

しかし,スマフォの時刻がずれていた理由が分からない。設定を見ると,時刻の自動設定のチェックが外れていたし,時刻をずらす,という操作も必要だ。しかし,自分では操作していない。肌身離さず持っていたので,何だか気持ち悪い。ポケットの中に入れていて,椅子の出っ張りに当たって電源が入ることがあるようだが,更に私の太ももと当たることで上記の時刻の設定がされてしまったのか。

体罰

自分が小・中・高校時代,学校での体罰は普通にあった。

今日思い出したひとつの体罰。

中学時代。全校生徒が体育祭の練習中。整列か,そんな基本的な場面。ある生徒が何かやらかしたのだと思う(1,000人以上いるので,誰が何をしたか分からない)。

その時,指導をしていた体育教諭が突然,「○年○組,○○を除き,全員回れ右」と言った。みんな言われた通り回れ右をした。

異常な回れ右の直後で,みんな静かだった。ビンタの音が校庭に数発響いた。小さく「キャッ!」という悲鳴が聞こえた。叩かれたのは女子だった。

taiseiが10歳になりました

もう,10日以上も過ぎちゃったんだけど,長男のtaiseiが10歳になった。

生まれた日,僕は嬉しくて酒を飲んで,気付いたら誰もいない自宅で8本くらい発泡酒を空けていて,翌朝の出勤時に職場の駐車場で嘔吐した。

まあそれは置いといて,taiseiが生まれた時,私の両親から「10歳になったら読ませて欲しい」と受け取った本がある。

日野原重明先生の本

日野原重明先生の「十歳のきみへ」という本である。約束通り,封筒に包んで封印し,誕生日に渡した。

この本を受け取った時,10歳のtaiseiなんて,想像がつかなかった。どんな声なのか,どういう風に喋るのか,どんな性格なのか。未熟な私に,育てることなんてできるのか。

過ぎてみれば,あっという間だった。何と幸せな日々だったことか。

そしてこの本を書いた日野原先生は当時95歳とあるが,先生は本日104歳になられている。おめでとうございます。

F○ckblaze

PCの動きが非常に重くなったので,Windows7をリカバリした。1ヶ月以上前のことだ。

それからずっと,Backblazeにバックアップさせていたが,ここ数日,それほど大きくないはずのファイルがアップロード中状態のままなのが気になった。ちなみに初回インストール完了まで,あと4日の時点だ。確かバックアップ開始時は,残り52日でスタートした気がする。ずっとPCの電源を入れっぱなしだった。

それで昨日(正確には今朝),何の気なしに「バックアップを停止」ボタンを押した。

しかしここからが大変だった。アプリケーションは「応答なし」ではないのに,ボタンをいくら押してもバックアップが再開されない。Backblazeを再起動してもダメ。Windowsを再起動してもダメ。

結局,Backblazeを再インストールした。昨日までの増分バックアップをシステムなのだろう。40万あるファイルのうち,現在は残り3万になり,さらに激減中であるが,問題のファイルで引っかからないとも限らない。そうしたら乗り換えも視野に入れる。(そのファイルだけ削除しても良いのだが,あまりしたくない)

そんなわけで,普段0:00前には寝ている自分の就寝が,1:30になった。おかげで,折角の休日の寝起きが最悪だ。睡眠不足だと休日が終日最悪になる。仮眠をしてもスッキリとしないからだ。

しかし,仕事の日は睡眠不足でも,業務で気が紛れてそれほどでもないと今気づいた。それなら今日も気を紛らわすように行動するという手もある。しかしそれは休んだ気がしなくて癪だが。