父の書斎・私の書斎

書斎と言える程の部屋ではないが,男に書斎は必要なのだ。

父の書斎

私は,スッキリしてる部屋が好きだが,父の書斎だけは別である。
父の書斎所狭しと本,VHSテープなどが置いてあるこの部屋,いつも見る度に格好良いと思う。目指さないが,突っ走っていて格好いい。好きなものに囲まれてるんだろうな~と思う。

私の書斎

じゃあ私の部屋はスッキリしてるのかと言われると,そうでもない。努めてはいるのだが。
私の書斎引っ越した後の荷物が未だに片付けきれていない(反省)。

壁に向かって机を配置すると,部屋が広く使えるが,出入口を背にするので落ち着かない。

で,写真のようなレイアウトになるが,こちらはスペース効率に難がある。狭く感じてしまう。

右手にあるドアの壁に机をつけたこともあるが,ノートPCのグレア液晶に,写真左手の窓からの映り込みが邪魔でやめた。将来,ノングレア液晶にできたなら,またやってみたいレイアウトではある。

不満もある

机がプリント合板なのが気に入らない。れんとさんや父のような,ちゃんとした木の机に替えたい。それでまたれんとさんの机のエントリを読んだが,ますます欲しくなってしまった!

あと,このノートPCは好きなのだが,キー配列が気に入らない。ノートPCは,部屋をスッキリさせるには本当に良かったが,キー配列に不満があるとお手上げである。前に書いたかもしれないが,Enterと間違えて一緒にテンキーの7を押してしまう。他にも,ノートPCは機能キーの配列がメーカーや機種によって独特。自分にとって一番いいのは,月並みだけどフルキーボード配列なんだろうな~。

というわけで,次のPCはデスクトップだな。

marty.exblog.jp

このブログをはじめたのは2004年6月。前に住んでいた家の隣の駐車場で必死に鳴き続ける,後にマーティーと名付けられる子猫を,家族として迎えたことから始まった。

当時はエキサイトブログにお世話になっていた。URLは「marty.exblog.jp」。車のリアウィンドウにレタリングしようかと思っていたし(←バカ),ほぼ9年間そのURLだったので,ブログのURLを打とうとすると,今でもつい,このmarty……と打ち始めてしまう。現在は,martyからは始まらず,piulento.net/marty/である。

(引っ越した理由は,エキブロだとエクスポートのデータが作れず,バックアップも出来ないので,『コイツはヤバイッ!』と感じた事に依る)

で,先月のこと。エキブロから引っ越して1年経った頃,間借りしていたwkey.meが突然終了した。この混乱の中,疲れ果てた私は「marty.exblog」を何となく叩いた。勿論,「404 Page not found」になると期待(?)して。

ところが,同じURLで次のブログが始まっているじゃないか。

しかも,「わが家のネコ」と,タイトルだけじゃなく,漢字の使い方まで似ている

他にも,エントリには私との共通点があり,人ごととは思えなかった。現時点でエントリ数は3つだが,私は何気に楽しみにしており,たまに覗きに行っている。

夏休みの宿題(工作)

今は昔,もう3日前の事になる。taiseiの夏休み,2日目。

「夏休みの宿題は,工作(木工)やりたい」とtaiseiが言った。ティッシュペーパーのケースを作りたいと言う。とすれば,開閉機構と,ティッシュを取り出すための穴が必要で,初めての木工には少しレベルが高いと思った。

ところがカミさん,「そういうの,今はホームセンターで売ってる」と。「じゃあ,みんな同じようなのを作ってるの?」聞くと,そうなのだと言う。

まあ,雑巾が売ってるのを初めて知った時は本当に驚いたけどね。ああいうのは買うものじゃないと思ってた。

その延長で,木工のキットを売ってるというのだ。全く,これも時代だな。釘を打つだけで出来上がってしまうわけだ。

それを言ったら「釘も使わないかも。多分,ボンドとかで貼るだけだと思う」と。そこで私の中で何かがキレた。モノづくりって,そんなものじゃないだろう。間違えて手を切ったり,カナヅチで血豆を作ったりしながら,道具の使い方や,力加減を覚えて,うまくなっていく。

そして,私が誘導したわけではないが,taiseiは「貼るだけなんてイヤだ。ボク,自分の力で作りたい」と言った。ただ,小学校3年生のtaiseiにとっては,初めての木工である。上記の理由でティッシュケースは難しいことを理解してもらい,ペンスタンドを提案した。

まずは材料探し。ホームセンターで買うこともできるが,ここは“すでにあるもの”にこだわる。厳密には釘も前から家にあってタダではないんだけど,買わないで作るという経験をさせたかった。ちょうど自宅を新築したときに出た廃材もたくさんある。

次に,家にあるペンスタンドから採寸させた。しかし作るとなると,板厚を意識したり,習っていなくても,展開図的なものを書いて自分で立体を把握しなければならない。が,「作る」という目的があるから,理解に苦しまなかったようだ。

それを板に罫書く。直角をとるための差金の使い方を教える。そして,板を切ったり,釘を打ったり。初めての両刃鋸と金槌を扱う。1回だけ私が手本を示す(←甘いが,それをやらないと日が暮れそうだったので)。

特にノコギリや釘打ちのとき,
「方向が違う」「そんなので力が入るか」「ダメ。釘が動いてない」
と大工でもない私から何度も強く檄を飛ばされ,taiseiは涙ぐんでいた。

野球やサッカーなどの少年団に入っていないtaiseiにとって,初めての激は,ちょっとしたショックだったと思う。そして普段悪ノリなどせず叱られることもないので,私の態度の変わりように戸惑ったに違いない。

が,いつもなら絶対言うのに,辞めると言わなかった。「絶対に投げ出さない」という気迫が感じられた。放っておくと脱水症・熱中症になりそうだったので,時々声をかけて休憩を取りながら,一日掛けて作った。

最後に,サンドペーパーで仕上げ。もう少しで自分の作ったペンスタンドが出来上がるという思いで,嬉しそうにペーパーがけをしていた。「木のいい匂いがする~」—-それを,体験させたかったんだよ。

そして,完成。
ペンスタンド taisei作成taiseiが生まれて初めてはじめから作ったと言っていい,木工作品。taiseiも心から気に入って愛着も湧いたようだ。「ちょっと感動しちゃったよ」と,カミさんが涙ぐんでいたようにも見えた。

ペンスタンド taisei作成 アップ釘を打つためのケガキ線が消しきれてないが,これが出来合いのキットではないことの証明だ!

CRC 5-56

れんとさんのエントリを読んで思い出した。

実家のガレージの片付けをしていたら,30年くらいは前のものと思われるCRCが出てきた。まだ使えるので,使っている。
CRC 5-56
全部英語で書いてある。

実家のガレージは,整理されておらず,目当ての物がすぐに出てこないことから,実家の家族はすぐに新しいものを買ってしまう。そんなわけで水抜き剤が8本も出てきた。バッテリー用の蒸留水も同じく8本ほど。ガソリンの携行缶が3缶とか。もう何なんだ。

ブログ引っ越し

サーバー閉鎖まで

2014年7月12日22:07に,ブログを置いていたレンタルサーバーのwkey.meよりサービス停止のメールが届いていた。その時は眠っており,メールには翌朝気付いた。

以下,ちょっと長いけど全文引用。

平素は弊社サイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。
当サイトは専用サーバーをレンタルし、皆様へのサービス提供を行ってまいりましたが、
サーバー契約先が専用サーバー事業を突然終了することとなり代替契約先が見つからないため、全サービスの提供を終了させて頂きます。
また、契約先から停止日等の連絡が来ておりませんため、サーバーがいつ停止するか分からない状態です。
速やかにサイトの移行等をお願いします。

サーバーの停止が行われ次第全会員情報を削除致します。
サービス終了にあたりユーザーのみなさまにはご迷惑をおかけすることになり、大変申し訳ございません。

以上,全文引用。無料で利用させてもらってこんなことを言うのは筋違いかもしれないが,フッター(署名)がないことに違和感がある。

驚きはしたが,慌ててもしょうがないと気を取り直して,朝食後に1時間ほど出かけた。隣町まで,いちごのソフトクリームを食べに行った。

で,帰ってきたらブログが見られなくなっていて驚いた。深夜に通告で翌日の午前中に終了とは。

ちなみにtwitterで「wkey」を検索してみると,私のように慌てていたり,落ち込んでいる人がいる。

無料で広告もなく,(詳しくないが)自由に使えるサーバーで良かったんだけど,無料ゆえにこういうこともあるかな,と。

それにしても急ぎ足だったなー。

ブログをやめることも考えた

正直なところ,Google+,twitter,ブログ,instagramとやっていて,ゴチャゴチャしていて嫌だなあと思っていた。で,これを機にブログをやめようかとも思った。

あと,ブログにお金をかけるつもりはなかったので,無料のレンタルサーバーを探していた。広告が入ってもいいやと思っていたのだけど,無料ゆえ条件が厳しく,折り合わなかった。自前でサーバーを立てることも一瞬頭をよぎったが,余っているPCもないし,自分にはそんなスキルもないし,PCの置き場所もなかった。

ところが,ブログ以外で発言してみると結構息苦しい。例えばGoogle+では実名登録で両親も読んでいる。そしてIFTTTからEvernoteに飛ばせないので,記録として残らない。instagramやtwitterは気軽に投稿できるが,長文向きではない。

やっぱりブログは必要だ

そんな折,ある方からお声掛けいただいた。迷惑が掛かるといけないのでお名前は伏せる。とにかく,その方のお陰でブログを続けることが出来た。その方がいなかったら,ブログを再開していなかったかも知れない。自分にブログが必要であるという事実とは別に,その人がいなければブログが続けられなかった。紫のバラの人。感謝。心より感謝。

これからもよろしくお願いします

そういうわけで,これからは自分にとって最も合っているこの場を,もっと大事にしようと思った。ついつい,手軽だからtwitterとかinstagramを使っちゃうけど,この場は自分にとって大事なものなんだと再認識できたから。

22年前のしょっぱい記憶

過去にお付き合いさせて頂いた女性の名前,全て覚えているかと思ったが,一人だけ思い出せない人がいた。

さっき,苗字に「柴」がつくことを思い出した。柴田さん,だったかなあ……。当時は真剣に好きだったのだけど思い出せない。名前は「ひ」がついたような。(←興味深いことに、酔ったら部分的に思い出した気が)

ペンネーム(?)が桂木舞だったってことは覚えてる。予備校の,いつもとは全く違う校舎(←夏期講習か何か)で彼女が書いた落書きを見た。その時にはもう,すれ違っていた。

(ブログを置いていたサーバが突然なくなったので,このエントリはgoogleのキャッシュから拾い出しました。コメントが失われました。書いてくださった方,ごめんなさい)

WHR-G301Nが熱暴走

無線LAN親機であるWHR-G301Nを使っているが,最近は毎日,通信速度がメチャクチャ遅くなる。G301Nの電波強度は問題ないが,とにかくデータのやり取りが遅い。

電源を切って,しばらくしてから起動すると,元に戻る。ただ,この症状が起きるのが2台目なので,G301Nはダメなんじゃないか,職場で使っている他の機器を入れようか,などと考えていた。

そしてあるとき,本体の発熱に気づいた。

下図の左側のように,G301Nは他の機器に挟まれている。挟まれているといっても密着しているわけではなく,数cm離れてはいるのだが。
WHN-G301Nの置き場所変更ここで,念の為にG301Nだけを別のところに置いてみたら,どうやらこれが当たりだったようで,通信速度の低下は,ほぼなくなった。

よく,マニュアル等に「周囲から◯cm離して下さい」とあるが,あれは建前だと思っていた。大袈裟に言っているのだろうと。しかしこれからは,ある程度考慮することにしよう。