ここ2日間の脳内ソング

Miley Cyrus – Wrecking Ball

Steve Kardynalによるパロディー

実を言うと,パロディーからオリジナルを知ったんだけど,オリジナルをちゃんと見てからパロディーを見て,余計に吹いた(笑

なんか,チャットしてるみたいなんだが,自分を捨てて人を楽しませるSteveはもちろん,左側に表示される人々の反応がいい。一緒に歌ったりとか,ノリがいいなあ。

公開授業で1リットル升で単位のことを

taiseiの小学校の授業公開日だったので,参観してきた。

↓算数の係がミリリットル,デシリットル,リットルの発表をしている時の感動。

使っている1リットル升の底面に「S48 ○○小学校」とマジック書きしてあって驚いた。私と同い年である。もしかしたら,私が小2の頃,授業で使われたリットル升かも知れない。40年も使われたことが感慨深かった。

あと,近くにいる女性の保護者同士が「cc(シーシー)って何ミリリットル?」と小声で話しているのを聞いた。自分が使わない単位は,覚えないよなあと思った。以前習ったデシリットルも,小学校を出てから使ったことが全くない。

そういえば天気予報って,気圧はmbarから,わざわざ言いづらいhPaを使うようになったのに,気温はKではなく℃なんだよなあ。

あと,会社の女性社員が「これ,○○calもあるんですよー!」と,「キロ」を省略して会話するのが気になって仕方がない。

あと,会社の上司がスタッドレスタイヤのことを「スタッド」と略すのも気になって仕方がない。それはもはやスパイクタイヤではないか。

カプリチョーザ

image

たくさん仕事したので寄る。

「メニュー新しくなったんですよ」とスタッフ。しかしいつもトマトとニンニクのスパゲティーしか食べないので、どこが変わったか実はよく分からなかった。

そのトマトとニンニクのスパゲティー、今日はスパイシーだと思ったら「レシピが変わったんですよ」と。あとニンニクの量が増えたらしい。ヨシ!

皿も無地になった。食事が届く時の雰囲気が良くなった。しかし私の下手な食べ方の跡が目立つようになってしまった〜。

職場に泊まる(←ちょっとワクワク)

帰れなくなったわけではない。半日で,帰った。

ところが,仮眠して20:00くらいになると,車が出せないくらいに積もっていた。雪のある地域の人は,この時点で雪かきするのかもしれない。だが,ウチの前の細い道から,大通りまで除雪しないと,車が出せない。それはちょっと無理だなー。今日雪かきして,明日の朝,また雪かきするのは。

電車はというと,この辺りで最強の◯◯線(Twitterで他の路線は止まったり遅れが出るのに「◯◯線は平常通りです」のギャグが入るほど強い)だが,Twitterでパンタグラフへの積雪で停まってるとか怪しい動き。

で,雪は明日の出勤時まで振り続けるわけで,そうすると車は出せないわ,電車ももしかすると動かない。そして明日,私の代わりはいない。

というわけで,今のうちに電車に乗り,職場に出てきた。泊まりまーす!久々の当直懐かしいな。あ,当直ではないか。今の時間,仕事ではないから。

燃え尽きた 真っ白にな

雪掻きのことです。

昨日、17:30に仕事を終えるも屋外駐車場に停めていたので、車がスタック。少し無茶したので、タイヤから焦げた臭いが。

これはヤバいと、車を何とか元の位置に戻し、電車で帰ることに。……が、来ない。1時間以上遅れて来た電車に乗ることができたが、もしも満員で乗れなかったら、

  • バスを乗り継いで帰る
  • 職場に泊まる

の2案を考えていた。

ナニゲに職場に泊まるのは、快適だったかも知れない。なにしろショッピングモール内にあるので、食事は大好きなカプリチョーザで摂ればいいし、スーパーで酒を買えば、職場でテレビを見ながら新鮮な時間が過ごせたかも。ただ、風呂がないのが辛い。

それはともかく電車に乗れた。いつもなら30分で帰宅するところ、昨日は1時間30分くらい掛かった。

で、今朝。自宅の駐車場を見たら、どう考えても雪掻きをしなければ車が入れない。悪いことに、これは実家の月極駐車場で、長男である私は自分の区画だけでなく、全区画の雪掻きをすることに。まあ私だけではなく、家族総出だったんだけど。

思ったより早く終わったので、電車で車を取りに行った。帰りは、細い道でなければ全く問題なかった。

そんなわけでほぼ1日中慣れない雪掻きをしたので、体のあちらこちらが痛い。風呂で体を揉もうと思ったが、両手の握力がなくなっていて、それもまま成らないのがつらかった。

教訓:雪の日は、屋外駐車場に停めない→立体駐車場に停める

まあ、帰って来れても、自宅の駐車場に停められなかったけどね、今回の雪は。

坊っちゃん鉛筆

私が小学生か中学生の頃,確か,父からもらったのだと思う。
坊っちゃん鉛筆
坊っちゃん鉛筆。後ろには,学業成就,とある。

これ,芯が硬くて自分には合わず,ずっと放ったらかしにしていた。少なくとも25年は放ったらかしていた。

「あせらず たゆまず」の後が何だったか。とても気になって調べたら「おこたらず」であると。

自分には合わなくて,受験勉強には使わなかったけど(というより受験勉強しなかったけど),父の思いが,今は有り難いなあと思う。

芯が父のようにガリゴリと硬いこの鉛筆を,今,仕事場で使っている。