また,つまらぬものを検索してしまった……

Webで拾った画像。
131110a73
楽しそうだなー,これ。どこにあるのかなーと思って。

写真の中にある緯度・経度で調べるんだけど,度分秒と10進法を混合してまずハマった。なんか,中国の山の中とか出るし。

次に,東経・西経を間違え,何故か180や90から経度を引いてアフリカに行ってしまった。普通に(0-経度)で西経だった。

ところがそれでも,ストリートビューでは表示されない位置(雑木林)にポイントが落ちてしまって,その周囲の道を全て見るのに時間が掛かった。

やっと見つけたのがこれ。8723 トーリントン・ドライブ, ロズウェル, ジョージア, アメリカ合衆国,だってさ。

大きな地図で見る

Google EarthとGoogle mapでこの辺りをウロウロしてみたけど,きれいな建物が多くて,こういうところに住みたいなーと思った。

A4紙1枚で封筒が作れる……だと?

県のサイクリングロードマップを取り寄せようと,準備してたら封筒がない。

どうしたものかと思ってたら南の爪/A4用紙で作るオリジナル封筒というのを見つけまして。

これ,すごい。素晴らしい。A4紙1枚を,ハサミ等で切ることなく印刷された線のとおりに折って糊付けするだけ。
Exif_JPEG_PICTURE
作れる,作れるぞ。私にも封筒が作れる!A4のコピー用紙1枚なんだぜ?これで。

早く来ないかなー,サイクリングロードマップ。

メールあるある

  • 「おはようございます」と打とうとして「おはようb」と打ってしまい,「おはようボンジュール」とサジェストされ朝からビックリする
  • 「こばやし」と打とうとして「こびゃあ」になる。「こびゃあし」まで打つことは稀
  • 「へいせい」と打とうとして「へいしえ」「hせい」になる
  • 上司と間違えてカミさんに送る(メアドや宛先が,両方kで始まる)
  • しかもカミさんが「間違ってるよ」と返信してくれない

以上,ワタシ的なメールあるある。

泣いた赤鬼

トラウマというか黒歴史というか。

愉快な話じゃないんだけど,自分が生きてた証の一つとして書いておこう。

私はいつも,泣いた赤鬼を読む(聞く)たびに,

「心のやさしい鬼のうちです。どなたでもおいでください。おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます」

の立て札のくだりでグッと来る。

子供の頃,立て札に見向きもされなかった赤鬼のような事があった。しかもそれだけならまだしも,その場に母がいた。仲間に入れてもらえない私のところに母が来て,私のお店やさんごっこのお客さん役をやってくれt……
(´;ω;`)ブワッ

私が仲間に入れてもらえないのを目の当たりにして母も傷ついたと思う。だけど母という人は,あのとき精一杯に優しく「コレ下さーい」「いくらですかー?」と言ってくれた。

カミさんには「泣くとしたら最後のところじゃないの?」と言われる。そこはそこで泣ける。人並みに泣ける。だけど私には,それより立て札のところだなー。

ところで当時「見向きもされなかった」のは,たまたま他のみんなが他の遊びをしているところに,私が勝手にお店やさんごっこをはじめたのが原因で,いじめられてたわけではない。……って念の為に調べたら,6年前に書いてんじゃねーか。

イタズラ顔で

taiseiがイタズラ顔で「パパ,今日の音読の宿題,聞いてくれる?」と言うのでOKした。

「じゃあ読むね」と言って読んだのは「泣いた赤鬼」。

聞き終わって,感想を述べた。「途中で声が小さくなっちゃったけど,最後のほうでまた大きな声で堂々と読めたね。それにしてもパパ,この話を聞くたびに泣きそうになっちゃうんだよなー」と言ったところで……

「惜しーい!泣かなかったかー!」とニヤニヤしながら悔しがるカミさんとtaisei。ってかカミさん,お前もか!

珍しい硬貨

仕事でレジも打つ。ここ2ヶ月位で立て続けに,ちょっと珍しい硬貨を見つけたので入手した(自分の硬貨と交換した)。

はじめはコレ。

五円硬貨。ナニゲに「五円」が毛筆体になっている。

裏を返すと

「国」ではなく「國」。

次。

旧五百円硬貨。

結構キレイ。だからというだけでなく,昭和64年製造であるのが珍しいと思った。だが調べてみると昭和62年のほうが発行枚数は少なかったりする。

旧五百円硬貨といえば,登場したての時,作者が「見たことがないので描けない。だれかおせーて」というようなことを書いた漫画があった。コミックボンボンのレッツゴーしゅんちゃんだったような気がするが,他の作品だったか。

あと,お客さんにお釣りを渡すため,レジから十円硬貨を左手に放ったとき,僅かな違和感があって,よく見たら

一銭硬貨だった。

「大正十一年」「大日本」の文字が歴史を感じさせる。

レジの中にあったということは,誰かが支払い時に十円硬貨として使い,ウチの社員が気づかなかったということだ。額面上,1000分の1の価値になっちゃったじゃないか。間違えたのは私かもしれないが。

珍しい硬貨だから暫くとっておくが,手放すのがお金のためにはいいんだろうな。

今度はデスクトップPCにするかな

できるだけ,モノを少なく,スッキリと暮らしたいと思っていたので,デスクトップPCが壊れた時にノートPCにした。

それはそれで良かったんだけど,ノートPCのキーボードでも書いたように,入力しづらくてしょうがない。

理由は,機能キーの部分。
Exif_JPEG_PICTURE
↑これは,実際に私が使っているノートPCの写真。特にEnterキーが細くて使いづらい。よく押し間違えるのは[7]。次に[NumLock]。

そして,写真に示した部分は,ノートPCによってレイアウトが異なるため,(前にも書いたが)[PgDn]と思ったキーが[Delete]でセルの内容とかファイルを消しそうになったりと,大変よろしくない(ウチのPgDnキーの位置が,職場PCだとDeleteキーなのである)。自動車で言えばアクセル/ブレーキ/クラッチペダルの位置をその都度確認しながら踏むようなものだ。

そういう意味ではフルキーボードにしたい。特に,
TK-U08FYSV2
↑カーソルキーのところがこんな風に独立しているのが使いやすい。

但し,今のノートPCに外付けのキーボードを挿すなんて無駄が大きい。とすると,やはりデスクトップPCにするか,となる。

(居間のデスクトップPCと私のノートPCを入れ替えるか……。しかしOSがWindows 2000なんだよな……。Ubuntuにしても良いがScanSnapをEvernoteと連動させて使えるのかも調べなきゃならないし,ああ,時間が欲しい。)

コクヨ ネオクリッツ(NEO CRITZ)

ペンスタンドとして使えるのが便利そうで,買ってみた。
sR0012916sR0012917sR0012918
こんな風にして使う。

ところが,である。今使っている私の筆入れは
sR0012919
こんな感じで,中身を広げると
sR0012920
様々な物が入っている。しかもこれら,全てがほぼ毎日必要な物で,省けない。

これらをネオクリッツに入れようとすると
sR0012922
全ては入らない。特に,朱肉とか目薬とかいった,高さのないものは入れようとすると隠れてしまう。これは,ペンスタンドと同じか。

現在は
sR0012923
カミさんが化粧道具を入れるのに使い始めた。

筆記用具のみを入れるのなら充分な大きさだろう。私は,メンソレータムや目薬にも瞬時にアクセスしたいので,どうしても全て一緒にしなければならないのだが。