プロジェクト管理ツールをどうするか

仕事も含め、プライベートもやるべきことはGTDで管理している。

そのツールとしてEvernoteを使っている。

「NextAction」については、Toodledoを用いている。繰り返しタスクにリマインダを詳細に設定でき、素晴らしい。

さて最近、Projectを管理するのに、Evernoteではないツールの方が良いのかなあと思うようになった(本当はセミナーに参加して情報を得るのが良いのだろう)。それで色々調べていた。それこそ1ヶ月とかそこら。が、結局、Evernoteが良いと思うようになった。

というのは、見ているウェブページをそのままEvernoteに放り込んで、Projectにしてしまうことが多々あるから。

私の場合、ウェブページがそのままでProjectになっている。そして、それを後で見ただけで何をすれば良いか分かる場合が多い。そうでないなら、それを元にタスクを細分化せねばならないが、ページがProjectであることには変わりがない。もっとも、それらがプライベートな事柄で「◯◯を買う」程度のものが多いから、というのもあるのだけど。

GTD

Google+とYouTubeの関係が今ひとつ分からない

g+にもYouTubeにも私の本名アカウントがある。なぜならば,googleアカウントとYouTubeが連携しているから。

同じ本名アカウントで,リンクもしている。なのに,g+でアップした動画がYouTubeにアップされるわけではない。

しかも,g+にリンクするより前からYouTubeにあったニックネームのアカウントを,g+に統合できない。だから,ニックネームのアカウント時代にアップした動画をg+のアカウントに取り込めなくて困っている。

同様にPicasa WebとG+写真の関係もよく分からなかった。しかしこちらは統合され,現在はPicasaにアクセスしようとするとg+にリダイレクトされる。

ところが,私はHDDに保存している自分が撮影した写真は,Picasa(←Webではなく,アプリケーション)で管理している。こちらは名称がg+になったりしない。

何とも分かりづらい。

サプライズ

先日,家族からサプライズで誕生日のプレゼントを頂いたと書いた。

実はその日,書いていないサプライズがあった。
Google DoodleGoogleにログインした状態でトップページを見ると,お祝いのDoodleと共にメッセージが!

サプライズって義務化すると嫌なので,カミさんとは「サプライズしない」協定結んでたんだけど,やっぱりされると嬉しいね。(←そんなことを今知るくらいだからモテなかったのだ)

私は幸せだ

40歳の誕生日プレゼントに、家族から観葉植物を頂いた。

20131014-220728.jpg
今朝、taiseiから質問された。
「図書館で借りたおまじないの本で読んだんだけど、ストレスがあるとき、ぜんぶサボテンに話すといいって書いてあったんだ。ボク、買ってもいい?」

私は率直に助言した。
「床に置くと踏む危険があるし、高い所に置けば、寝てる時に落ちてきて怪我をするから、できれば他の植物にすればいいんじゃないか」

なのに、それらは全て、私の希望を得るための質問だったと、後になって知った。

8歳のtaiseiでさえ、この父のストレスを子供なりに察知し気を遣ってくれたのだ。それを思うと、目頭が熱くなった。

ありがとう。大事にするからね。この植物も、家族のみんなも。

鬱?だったことのきっかけ

鬱と言っていいのか,定義を知らないのでよく分からないけれど。

9月の終わりからひいた風邪の際,このまま治らないんじゃないかとか色々落ち込んだ。風邪が治った今でも,今まで気にしなかったようなことが嫌になったり,いろいろある。

今回,こうなった理由として思い当たることが1つある。

ここのところ,少し忙しくて余裕がなく,本部の上司への報告を怠っていた。それで「アイツはちゃんと仕事してるのか」と言われる時のために,業務日誌を詳細につけた時期があった。

殆ど机にいるので,Evernoteを開きっぱなしにしておけば,日誌を作るのは簡単。

「○○:○○ △様の電話対応(以下具体的な内容)」
「○○:○○ □□の書類作成」
こういうのが延々と続く。とにかく,やったことを漏らさず書く。

日誌を作りながら仕事すると,いかに自分が今までサボっていたか明確になり,遊んでいる時間が殆どなくなった。同時に,心に余裕がなくなっていった。風邪をキッカケとして,全て(特に仕事)が嫌になったと思う。

だから風邪が治りかけた時から,この業務日誌をやめた。やめたと言っても,忘れちゃいけなさそうなものは書いておく。

少なくとも,タスク1とタスク2の間に全く遊びがないような行動は,私には合わないと分かった。遊びと言っても,本当に遊んでいるわけではないんだけど,それを挟まないと,私の場合,トータルとしてのパフォーマンスが落ちる。

遊びがなければ,理論的に単位時間あたりの仕事量(ジュールではない)は増えるのだけど,私の場合は余裕がなくなってどんどん効率が落ちた気がする。そしてまた,業務日誌に一々書き留めるのが苦痛だった。くっだらない小さなことまで書き込む毎日。

ただ今回,馬鹿みたいに記録したことで,記録する必要のないものが分かるようになった。それを知ることが出来たという意味では,収穫だったと思う。

お役所仕事

とある行政から,年に一度の報告書を上げろと通知が来た。

その中で,「報告書の様式はダウンロードできます」って書いてあって,よーし,パパ,ダウンロードしちゃうぞってその下を見たら

http://pref.○○○○○○○.lg.jp/page/○○○-○○○○○○○○-○○○.html

と書いてあってそこでまたブチ切れですよ。

短縮URLを知らんのか。こちらは50文字を超えるURLを打つほど暇じゃあない。大体,行政には自分のメアド通知してるわけで,メールにしてくれればURLのクリックだけで済んでしまう。

その上,提出は紙媒体で(おそらく)郵送不可。限りなくエコとは程遠いIT利用なのだった。