大切な人がいなくなるので仕事について考える

転職でお世話になった友人。前の会社でも一緒だった。家もまあまあ近く,気が合って,ウチに遊びに来たり,下ネタも言い合う。彼も私も今の会社は全くの業種・職種違いだったが,この業界に飛び込んだ。(ちなみに前の会社での彼と私の職種も違う)

実際は彼のほうが数年先に転職していて,仕事に悩んでいた私を引っ張ってくれた形になる。

その彼が,今の会社を辞めるという。

私がそれを聞くとショックを受けるからと,周囲の若手社員には私に口止めしてくれていた。それが彼の優しさだ。しかしそれ以外の社員から「アイツ辞めるんだって?」と聞かれ,おかしいとは思った。

そして,昨日の仕事上がりでたまたま友人と喋っているときに年配の社員が「○○,オマエ何で辞めるんだよ!」と話し掛けてきて(私にとっては)発覚・確定。故郷の四国に戻るという。ただお互い翌日の仕事に差し支えるからと,長くは話さず帰った。

昨晩はどうということはなかったのだけど,今朝,起きるときにそのことを思い出し,とても寂しくなった。


彼は前の業種・職種に戻るといった。以前は「もう絶対にやらん」と言っていたが,それほど今の仕事がひどいとも言える。

実は私も,今の会社で仕事を始めてみたら,それが単純すぎて,こんなことをしていていいのだろうか?こんなことをしてちゃいけない,という思いが強くなった。今もそんな中で仕事をしている。そのくせ,大事故につながるので気は抜けない。(仕事がシンプルなのがいけないことではなく,私と合うかどうか。少し大げさにいうと,生きている気がしないのだ)

あと,拘束時間が長く,人手不足で休日も少ないので,家族との時間がもてない。元旦も共に過ごせず,旅行など,もってのほかなってしまった(そういう仕事で頑張っている人を否定する意味ではない)。休みが少ないので休養にあてねばならず,外に出て体を動かすことが激減した。

そういう仕事を私が納得して今後も続けるか,それとも別の道を考えるのか,私自身が何らかの前進をするために,彼の話を聞いてみたい(と彼に伝えた)。

ただ,彼は前職でやっていける資格を持っているから,中年でもすんなり転職できるのだけど……。


ただ,今の仕事にも良いところはあるはずで,それが見えなくなっている,というのはある。昨日,カミさんに前職の良いところを話していたら,「働いてるときは,あれだけ悪いところをいっぱい挙げてたのに」とあきれられた。

もう今日は出勤準備をしなければならない。機会をあらためて考えていく。

保険のクソ営業

れんとさんのレガシーな営業は消えて欲しい。にピンバック。思い出して腹が立ってきたので書く。

M生命

先日,胃が痛くなった日に,保険の営業につかまってしまった。「お見かけしないお顔ですね」で会話が始まったがいい。そして

  • 生命保険に加入しているか
  • どこの生命保険に加入しているか

を聞かれるまでは良かった。いや,本当はそんなことに答える義理はないのだが,まあ良しとした。

ちなみに,この営業の生命保険会社にはすでに別の担当を通して加入している。その状態で,このクソ営業は自分の名刺も渡さず(身分を正式には明確にせず)

  • 私の氏名と生年月日
  • 妻の氏名と生年月日

を聞いてきた。私もバカだから,あと胃痛があまりにもひどく,早く解放されたくて,答えてしまった。答えたからと言って,ここまではどうということもないのだが。

さらに,子どもたちの氏名と生年月日を聞いてきた時には内心キレた。なので「子どもの生年月日は細かく覚えてない」とお茶を濁した。

名刺も渡さず人のことを根掘り葉掘り聞くなや。

G生命

“G”って書くとゴキブリみたいだな。日本語ではJだけど,とある海峡の名前で綴りはGで始まる。

ほんの数ヶ月前の話である。以下,記録を引用する。

 2017-06-○○ 20:24にG生命 K氏より留守電メッセージ有り。
 2017-06-○○ 20:27にこちらから電話を掛け直す。手続きのために電話で道案内をしたが,その際に「ご自宅までの道が細いのは嫌なので,会社に来てもらいたい。会社がどんな雰囲気か見てもらうのも良い機会と思いますので」と言われ,2017-07-01 14:00にG生命保険(株) ○エリア○支部に出向くよう指示される。気持ちの上で納得していないが,協力することにする。
 当日になって2017-07-01 12:30にK氏より電話。「13:30からお客様に会うことになってしまい,14:00までに戻れそうにない。明日の日曜日でも良いか」と。「日曜日は予定がある」と申し出たところ,「遅い時間になるが,本日の17:00でも良いだろうか。雨が降っているところ申し訳ないが,事務所まで起こし頂けるか」とのことで,17:00に変更する
  • 13:30に会う客のところには出向くのに(14:00に「戻れない」と言ったのだから,会社から出ている筈),私は出向かなければいけないことに納得が行かない。
  • 後から他の顧客の予定を入れてこちらをずらすのは失礼ではないか
  • 14:00の予定変更の連絡を12:30に入れるのも非常識ではないか
 また,
<中略>
  • 「自分の子供と同い年」であるために,このような扱いを受けるのか
<中略>
 2017-07-01 Gに赴く。何となく予感がしていたが,K氏はK生命当時から担当だった。振替口座変更の手続き。
 その後,2017-07-10以降にK氏より電話。先日の手続きの際,○○を通しての契約分の手続きはし忘れていたとのこと。
 ついては,書類を郵送するので記入し,Gのポストへ入れて欲しいとの事。2017-07-14か15日に投函した。

もうね,こっちは本当に昔からの保険のオバちゃんで。ずっと昔の職業の○○という会を通して安くなってなければ,もう絶対に全ての契約を切っていたろう。

しかもだよ。このオバちゃん,私が時間を守って会社に行ったのに遅れて来やがった。

それだって,前身のK生命が破綻して,受取金額が半額になったからね。その上でこの扱いだからね。厚かましいのもエエかげんにせえ。

老害運転

私が車を走らせている。優先道路である。

見通しのあまり良くない交差点で減速する。左から自動車がノンストップで飛び出し、私の前に割り込む。全くこっちを見ていない。

さすがに危ないのでクラクションを鳴らしたが、どこ吹く風で走る。

その速度、30km/h。割り込んでおいてノロノロ。

見ると、右のサイドミラーが畳んだままになっている。意味が分からない。

前方の信号が赤になる。停止線を完全にオーバーして止まる。

その癖、まだ信号が赤なのにソロリソロリと交差点に進入(侵入)。

このような運転で誰かが死んだり傷つけられるようなことがあったら、誰がどう責任を取るのか。本人が責任を取れるとは思えない。

というよりこのような運転をしている時点で違反の連続なのだが。

国にはそろそろ本腰を入れて免許証を取り上げる制度を検討してほしい。無法者が野放しだ。

貴重な休日に父の老いがイライラした

まず、転職して休日が減った。どれだけ減ったかというと、年間

39日減って、78日になった。

祝日とか関係ない。それはいい。問題は、本来なら週休2日のところ、人手不足で隔週休2日になっていることである(実際は、他の職員が急に休んだりするので更に減る)。

それだけ減った休日は、実に貴重だ。私は今の仕事を好きだと思っている(思い込もうとしている?)が、ここまで少ないとイライラしてくる。

もっとブラックな会社に勤めて苦しんでいる人はおられるだろうが、まあとにかく今の私にはこの休日の数は少ないのである。気晴らしをすれば、家のことができない。家のことをすれば、気分が晴れずに精神が壊れていく(大げさではなく)。

そんな中、今日は休日だった。今週は、1日だけの休み。昨日の時点で、今日は山か、それに近い温泉に行きたいなーと楽しみにしてがんばった。

ところが朝から父のLINEですべてが崩れた。イライラした。

かいつまんで書くと、

  1. 年賀状作成ソフトの筆王を2000からver.22にした
  2. ものすごい数のバージョンをスキップしたので、筆王2000の住所録データが読めない
  3. 「naokiヘルプ!」by 父(これはいつものこと)
  4. 呼ばれて部屋に行き、サポートするが今回ばかりはサポートし切れない
  5. その内に父が「オレは、ゆっくりやれば自分で解決できるんだが、忙しくてできない」と言い出す(毎回)
  6. naoki内心キレる

といった流れである。

特に「5」は大変重要だ。解決できる能力なんてないのである。よく、医者と教師とあと何だか忘れたが(警官だっけ?)、その3つの職業はひどく威張るという。父はそのうちの一つの職業であった。

だからプライドが邪魔して「ゆっくりやれば自分で解決できる」などと言う。しかし、その能力はもはやない。が、本人は威厳を死守するためにこんな嘘を言う。

私が現象の確認をしている時にも「○○(という操作)をした」と口を挟んで来るが、あまりに的外れで参考にならない。むしろ喋ってほしくない。やっていることが幼稚すぎるのに、(たぶん自分でも的外れとわかっているのに、精一杯の虚勢で)自分のした操作を説明してくる。

ケチケチと、筆王2000(多分発売は1999年だろう)を18年も使ってきて、OSがWindows 10になり、多分筆王2000が使えなくなったのだろう。

「筆王2000からcsvにエクスポート」という言葉も浮かんだが、説明するのもウンザリなので

「不可能」

とだけ答えた。

私は、父が好きであると同時に嫌いである。

私と弟を育ててくれた父に感謝はしている。

しかし、現在の父が過去の最大限のままの能力と勘違いし、それにすがり、虚勢を張る(威張る)父のことは嫌悪している。

むしろ今は、「できなくなっちゃったんだよ〜」とニコニコしてくれれば、こっちだって休日を削ってでもがんばってあげるのに。

父がそれを分かれば、私も弟も父を好きになる。

父がそれを分かるのは、たぶん無理だろう。

胃の痛み その後

エントリを見返したら、5日前より胃痛だった。昨日あたりから軽快してきたが,長かった。

が、完治というわけではないし、まだ消化不良なのだろう。腸に負担がかかっており、下痢は続いている。

食べられない時は本当に辛かった。何しろ,エネルギーがない。食べられないから死に向かっていると考えてしまう。私としては久し振りに心身ともにヤバい状況だった。

落ち着いて原因を考えてみる。ペットボトルの水がいけなかったんじゃないかと思う。

仕事中に飲んでいるミネラルウォーターのペットボトルの飲み口。

仕事中にトイレに行きづらい→消費量が減る→何日も新しいペットボトルにならない→雑菌が繁殖した

いろいろ理由を考えてみたが、これが最もしっくりきた。

胃痛

今日(正確には昨日),仕事をしていて,途中から胃がキリキリと痛くなった。トイレに行くと,下痢をしていた。私には,あまり経験しないことだ。

原因を考えた。タイミングとしては休憩時間に食べたカミさん製のオニギリかも知れない。だが,以前胃腸炎になった時は発熱・悪寒もあり,下痢だけでなく嘔吐もあったのでこれは違うんじゃないか。

胃の痛みは,冷えから来るものに似ている。酔っ払ったりして,たまに冷たい床に胃を押し付けたままで寝ちゃったりすると,冷えで胃がキリキリと痛む。それに似ている。

だが,カイロも使って下腹部(トイレに行かずに済むよう,膀胱のあたり)を温めているのに,胃が冷えるものだろうか。それとも,胃は胃で,温めなければならないのか。

痛いのを我慢して仕事を15:00に終えた。考えてみれば,前夜にAmazonプライムビデオでZガンダムを見たりしたので,4時間睡眠だった。今朝は3:00起床で疲れていたのかもしれない。そんなわけで帰宅後17:00から0:00まで眠った。それだけで7時間と,通常の睡眠時間だが,明日は5:00起床。そのまま寝れば12時間睡眠だね。

だけど,風呂に入ってないのが気持ち悪くて,カミさんの入浴の音で目覚め,一緒に風呂に入った。カミさんでも誰でも,話をしたくて。話を聞いてもらいたくて。声を聞きたくて。

風呂から出てからも,30分弱,話に付き合ってもらった。明日も自分の仕事があるのに,弱った夫に付き合ってくれて,本当にカミさんには頭が上がらない。

なんだろう。単に胃が痛いだけなんだけど,歳を取ったせいか,弱気になっている。カミさんには甘えだと言われたが,心が弱っている時は,そうは思えない。体が弱っているから心もキツイのか,心から体に症状が出ているのか,それが分からないのも辛い。

仕事を終えて帰宅してから,飲食していなかったが,今はビール2杯飲みながらこれを書いている。胃は,まだ痛い。

先日,胃カメラをやった時には問題なしと言われたが,これだけ痛いと何か起きているのではと思う。が,本当に数週間前のことなので「もう一度調べて下さい」という度胸もない。

勤務が不規則だから,夕食が2回になっちゃってる時もあった。それで,胃が休みたいのかもしれない。

今日は胃痛になったので,考えてみれば朝から取った食事はサラダとリンゴとオニギリ1.5個である。だが,食べたくはなかったので帰宅後寝た。

今も,ビール2本飲んだ以外は食べる気もない。胃が,疲れているのかもしれない。

あと4時間半で起床。もう寝ることにする。

古き良き時代のパトカー

今から25~30年前くらい。

私が住む家のそばに,信号のある交差点がある。

夜中になると,パトカーがサイレンを1回だけ鳴らすことが日常的にあった。何だろうと思っていた。

ある夜,たまたま私がその交差点付近を歩いていて,謎が解けた。

サイレンを1回だけ鳴らし,赤信号を通過していた。

それを見て腹を立てることもなかったが,現在では見られないだろうなあ。

長時間勤務を終えて

昨日は5:00~24:30の勤務。途中,休憩が7時間くらい。

私は朝が弱いので,5:00勤務開始だと3:00に起きなければならない。いつも朝はサラダを食べるのがやっとだ。それで身支度を整えたりして,4:00に家を出る。

途中5時間ほどのまとまった休憩があり,職場の仮眠室を初めて使った。起きたら,皆から「あの部屋で寝られたの?」と言われた。以前,当直もある仕事をしていたので,私は爆睡できた。

ところで,このような長時間の勤務は滅多にない。仕事の内容も,最後に通常の流れと違うところがあり,お客様の前で失敗は許されないので,かなり気を遣った。眠気覚ましにコーヒーや緑茶を飲んだせいで胃が荒れてしまい,最後は胸焼けがした。

1:00を回って帰宅。夕食っぽいものを摂りながら晩酌していたら,眠ったのが3:00過ぎだった。2時台には新聞屋が新聞(←子ども新聞)を入れていく音がした。

仕事への緊張のせいか,上述した「通常の流れと違うところ」を,何度やっても終わらないという夢を見た。

その内に,カミさんが起きる音で目が覚めた。二度寝を試みたが,できなかったので起きてみたら6時台後半だった。

今日は行き先は決まっていないが,ドライブしようと思っていた。が,taiseiが体調不良で学校を休むというので,私も家に居る(カミさんはパートに出掛けてしまった)。

転職してから,全く家事をする時間がなくなった。子供も,小6のtaiseiは,私の帰宅時に起きていることもあるが,小1のryuseiは,ほぼ寝ている。3日振りくらいで声を聞くようなこともある。子供と過ごす時間も激減したし,一緒に出掛けるなんて夢のような事になってしまった。

だからか分からないけど,子供の声を聞くと物凄く幸せになるし,有り難みを感じる。そして,今の仕事を選んだせいで,カミさんには家事や育児(スポーツ少年団とかも含め)の全てを任せっきりになってしまい,とても申し訳なく思っている。

では,今の仕事をやめるのか,とかは考えない。今,多分,睡眠不足で頭の中が平常ではない。そして,仕事をしている最中は,幸福を感じる部分もある(半々かな。前職よりは良い)。

ヒーリングミュージック

よくある「自律神経に効く」とか書いてある曲。期待して聞いてみると,シンセサイザーの音が耳についてうるさいものが多い(例外もある)。

実験する気のない僕にとって,これはもう信条の域になるだろうが,電子的な楽器でヒーリング音楽を作るのは無理があるのではないか。何かこう,弦を弾いたとか,管を共鳴させたとか,アナログで発生する音であることが必要だと思う。

だいたい,本当に自律神経に効いているのか,どのように判断しているのだろう。結局は,聴く人が本当に心地よいと感じなければ無意味なわけで,シンセでチャチャッと“それらしい曲”を作って自律神経に効くとか言ってるのではないか。いかにもな電子音を聞かされた時点で効かないと思ってしまうのである。