レーシック手術はオススメできるのか?

レーシック手術を受けて、9年になります。

結論から言うと、「その人次第」です。ですが迷っている方は、以下の僕が感じているメリットとデメリットも参考にしてみてはいかがでしょうか。

手術を受けようと思った理由

  • 流行り(といっても9年前)
  • 生涯で視力矯正に掛かるコストを検討
  • 自転車乗り
  • 自分で掛けていた生命保険が利いた

流行り

まず、流行りについてなんですが、当時、職場で2人、Webで1人と、僕の周りの人が立て続けに手術を受けてました。職場で2人もいると話もよく聞けて、疑問を解消できました。メガネやコンタクトレンズなしで生活できるから、すごく楽そうでした。

生涯で視力矯正にかかるコストを検討

まあざっくりと。僕の場合、近い親戚がメガネ屋をやってるのもあって、視力矯正はそこでメガネを買わないといけない雰囲気。コンタクトもダメ。街に出れば、数千円でメガネを作れるのに、僕の場合は1回で数万円掛かる。

それが、長くても5年、短ければ3年位で「機種変」になるわけです。当時だいたい37歳だったので、80歳まで生きたとし、4年毎に、4万円掛かると仮定します。

そうすると、だいたい4年が10回来るので、約40万円かかる計算です。

(ただこれ、それまでメガネを使う生活をするかっていうと微妙なんですよね。ボケちゃって本なんか読まないってこともあるわけだし。ただ、当時はそこまで考えられませんでした。何歳までメガネを掛けるかがホント不確定です)

それが、僕が受けたレーシック手術だと27万円。(←確か)

メガネを作るのは、視力計測した日に出来るような店ではないので、2回は店に行かなきゃいけない。しかも上記の試算だと生涯で10万円くらいは安い。

自転車乗り

自転車乗りだとアイウェア(いわゆるサングラス/ゴーグル)が必要。まあ、虫から目を守るならメガネでも良いんですが、高価なレンズに虫が当たるのもどうかと思う。そうするとアイウェアが必要になってきますが、度が入っているアイウェアって、ないんですよね。メガネを掛けた上に掛けるアイウェアもあるけど、なんかゴツくなるし。

あとコケてメガネを壊すと仕事できなくなるし。

自分で掛けていた生命保険が利いた

5万円かな、下りてきたの。たまたま僕が入っていた保険は医療保険つきで、レーシック手術も対象でした。これは保険によって違うと思いますが。

手術を受けて

メリット

当たり前ですが、見えること。

まず、駅のホームに出た時、遠くの時計や案内の文字が見えたことに驚きました。世界って、こんなにクッキリしてるんだ! と。

温泉でも、良かったです。温泉って、足元が岩だったりヌルヌルしてるのに、よく見えなくてツマヅイたり滑ったり。それがなくなったのは良かった。見たくもない男のハダカもクッキリ見えるようになっちゃったけど。

デメリット

残念ながら、良いことばかりではなかったです。

ハロー・グレア

上の写真は、僕が受けたクリニックの手術ガイダンスからの抜粋です。夜、屋外に出ると、こんな風に見えるようになります。ガイダンスには

個人差はありますが、ほとんどの場合こういった症状は数ヶ月で改善されていきます

とありますが、僕は改善されませんでした。少しはされたのかも知れないけど、完治は全くしてません。今でも写真のように光が見えます。

ちなみに、夜に外出したり車の運転をするのに支障は感じません。

その他のデメリット

これは手術ガイダンスに書いてないんですけど、「明るいところにある暗い場所」が見づらいです。例えば机の上は明るいけど、暗い机の下とか。写真でいう「白飛び」の逆。「黒つぶれ」です。

これは手術を受けてから「あ~……こうなっちゃったんだ……」と思いました。

それと、たまに掛かる怖い眼科の先生から「うん? レーシック受けた? レーシックが原因の治療は、全部自費だからね!」と言われました。分かってましたが、この先生に言われると凹む。

まとめ

はじめにも書きましたが、人によると思います。僕は、メリットのほうが大きいと思ってました。

ですが最近、レーシックは無関係ですが、パニック障害を発症・診断されまして。

「この症状(ハロー・グレア)は一生治らないんだ……」

「『黒つぶれ』は一生治らないんだ……」

「僕の目は、もう手術前に戻したくても戻せない」

「レーシックで目がトラブったら、(その治療に対して)公的医療保険は使えないんだ……。そうなったら凄くお金が掛かるんだろうな……」

私事ですが、こう考え始めると、頭の中がこれで100%になってしまい、「嫌だ! 嫌だ!」の感情と共に息ができなくなります。

パニック障害になった経緯はまた別の話ですが、メンタル面で気にする傾向があったり、ネガティブになりやすい人は避けたほうが良いかも知れません。(ただレーシック手術を受けた当時、パニック障害の発症は予想できませんでした)

【反省】価格変動する買い物ほど落ち着きが必要

子供が図書館からライト兄弟のマンガを借りてきました。ライト兄弟という名前は懐かしいんですが、読んでみたら、僕が小学生の頃に読んだものと違いました。そりゃまあ、世代が違うんだから……。絵はイマ風でキレイ(美形)だし、載っているエピソードも知らないものがありました。

絵はキレイだけど

ただ、僕は「しのだ ひでお/よこた とくお」のライト兄弟で育ったので、無性にそれが読みたくなりました。特に表紙にある

ライト兄弟 表紙(Amazonより。矢印は筆者)

弟のオービルが、飛んだ飛行機(たぶん初飛行)を見上げる表情を、この絵を、僕は忘れることができません。なぜか分かりませんが、生涯忘れない気がします。

このオービルに会いたくて、Amazonを覗いてみたら、あったわけです。で、注文したかったんですが2,000円弱もする。何日も待ったら、あるとき500円台まで下がったので直ぐにポチりました。

起きてしまった確認不足

届いてみてびっくりしました。

絵が違う。ぜんぜん違う。

あー、こりゃあ完全にやってしまったな~と思ったら、中身は僕が子供の頃に読んだものと全く変わらなくて、違うのは表紙だけでした。そんなことしなくていいのに。

反省

で、自分の注文履歴を見ると、コンディションのところに

表紙カバーが画像と異なる場合がございます。

と、しっかり書いてありました。価格の相場に気を取られて、コンディションの確認を怠ったのでした。僕が買った翌々日に1,986円まで跳ね上がるような物なので、焦ってしまいました。今後に活かします。

三菱Jetstream(ジェットストリーム)の線の太さ比較

ああ、汚い字……。

えっと、上の写真はA罫(高さ7mm)のノートに、それぞれ

  • 1.0mm
  • 0.7mm
  • 0.5mm

のボール径の芯で書いたもの。僕はずっと0.7mmを使ってましたが、最近1.0mmを入手したので、ノベルティでもらった0.5mmと共にそれらの向き不向き(特に僕への)を検討してみます。

感想

1.0mm

A罫でも狭く感じ、もっと大きく書きたい衝動に駆られました。グワーッと殴り書きするのに向いていると思います。

罫線は一応あるけど、無視して書くくらいが良い気がする。

0.7mm

当たり前だけど1.0mmと0.5mmの中間の性格。このA罫にピッタリだと思いました(僕は)。ある程度太く、事務屋時代はもっぱらこれで文書書いてました(お役所がさ、手書きで提出させんのよ)。

0.5mm

見た目がスッキリ。手帳なんかに細かい字で書き込むの